最高出力が207psに スバルが「BRZ」を大幅改良

2016.07.05 自動車ニュース
「スバルBRZ S」。
「スバルBRZ S」。

富士重工業は2016年7月5日、「スバルBRZ」に大幅改良を実施し、同年8月1日に発売すると発表した。

「BRZ S」のリアビュー。
「BRZ S」のリアビュー。
2016年秋発売予定の「BRZ GT」。
2016年秋発売予定の「BRZ GT」。
特別仕様車の「イエローエディション」。
特別仕様車の「イエローエディション」。

■秋には新たな最上級グレード「GT」も登場

今回の改良は、運動性能の向上と、フェイスリフトを含む内外装デザインの変更が主な内容となっている。

特に運動性能に関する改良は多岐にわたり、MT仕様ではボディーや足まわりに加え、吸排気系の効率を高めることでトルクアップと最高出力の向上を果たすなど、エンジンにも手が加えられている。

ラインナップについては、「Rカスタマイズパッケージ」のAT仕様を廃止したほか、2016年秋にはブレンボ製のブレーキやザックスダンパーなどを採用した最上級グレード「GT」の発売を予定。これに先駆け、GTをベースとした100台限定の特別仕様車「イエローエディション」の先行予約受け付けを同年7月7日に開始する。(関連ニュース)

月間の販売計画台数は220台。ラインナップと価格は以下の通り。

・Rカスタマイズパッケージ(6MT):243万円
・RAレーシング(6MT):298万1880円
・R(6MT):267万8400円
・R(6AT):273万7800円
・S(6MT):297万円
・S(6AT):302万9400円

 

今回の改良では6段MT仕様のエンジンの最高出力、最大トルクを向上。一部の改良部品は、6段AT仕様と共有される。
今回の改良では6段MT仕様のエンジンの最高出力、最大トルクを向上。一部の改良部品は、6段AT仕様と共有される。
新たに採用されたアルミ製のインテークマニホールドには、赤い結晶塗装が施される。
新たに採用されたアルミ製のインテークマニホールドには、赤い結晶塗装が施される。
6段MTについても、トップギアの耐久性向上などの改良を行っている。
6段MTについても、トップギアの耐久性向上などの改良を行っている。

■最高出力は207ps、最大トルクは21.6kgmに向上

先述の通り、MT仕様の2リッター水平対向4気筒エンジンには大幅な改良が加わっている。

具体的には、吸気脈動効果を高めるためにインテークマニホールドのブランチの長さを45mmから48.6mmに、径を42.7mmから45mmに変更。インマニの材質には新たにアルミを採用しており、その表面には赤い結晶塗装を施した。
さらに、吸気ブーツや吸気ダクトの形状を見直すことで吸気抵抗を低減。エアクリーナーについてはケースを大型化したほか、エレメントも変更している。

これらの改良により、MT仕様のエンジンの最高出力は従来の200ps(147kW)/7000rpmから207ps(152kW)/7000rpmに、最大トルクは20.9kgm(205Nm)/6400-6600rpmから21.6kgm(212Nm)/6400-6800rpmに向上。さらにエンジンブロックの軸受け部の剛性強化や、ピストンへのショットピーニング処理の追加により、耐久性の向上も図っている。

エンジン以外にも、ドライブトレインでは6速ギアの耐久性を高めたほか、ファイナルギア比を4.1から4.3にローギアード化。全域での加速性能を向上させている(ともにMT仕様のみ)。

大幅改良を受けた「BRZ」のフロントサスペンション。
大幅改良を受けた「BRZ」のフロントサスペンション。
センターコンソールに備えられた走行モードの切り替えスイッチ。
センターコンソールに備えられた走行モードの切り替えスイッチ。

■フラットな乗り心地とレスポンスに優れた操舵特性を追求

ボディーについては操舵(そうだ)応答性を高めるため、V型タワーバー取り付け部に補強を施したほか、リアホイールハウスの外側に補強材を追加。制振材の形状や厚さ、材質を見直すことで、車内の静粛性を改善している。

足まわりでは前後ショックアブソーバーのバルブ構造と減衰力の変更、コイルスプリングのばね定数の変更、リアスタビライザーの径のアップなどにより、フラットな乗り心地と滑らかでレスポンスに優れた操舵特性を追求。VDC(姿勢安定化装置)については、これらの改良に伴い介入タイミングを最適化しており、また走行モードにドライバーによる車両のコントロール領域を拡大した「TRACK」モードを追加設定した。

このほかにも、電動パワーステアリングのECUのアシストマップを変更。登坂路での発進をサポートする、ヒルスタートアシスト機能を新たに採用している。

「BRZ S」のインストゥルメントパネルまわり。
「BRZ S」のインストゥルメントパネルまわり。
新デザインのマルチインフォメーションディスプレイ付き3眼メーター。
新デザインのマルチインフォメーションディスプレイ付き3眼メーター。
新デザインの17インチアルミホイール。
新デザインの17インチアルミホイール。

■上級グレードのインテリアの質感を向上

デザインの変更についてはフロントまわりが最も大きく、バンパーには航空機のウイングチップ(翼端板)をモチーフに取り入れ、よりワイド感を強調した新しい意匠を採用。その両端に装備されるフォグランプもLED式としている。また、ヘッドランプとリアコンビランプにもすべての光源にLEDを使用。フェンダーガーニッシュや17インチアルミホイール、リアスポイラーもデザインを変更している。

一方、インテリアでは上級グレードと他のグレードとの差別化を図っており、Sではインストゥルメントパネルやメーターバイザー、ニーパッドに、レッドステッチを施したレザー調素材を採用。フルオートエアコンの操作パネルの意匠も変更しており、ドアスイッチパネルともどもカーボン調の装飾パネルを用いている。またメーターには、4.2インチカラーTFT液晶を搭載したマルチインフォメーションディスプレイ付き3眼メーターを採用した。

全車共通の変更点としては、小径化や断面形状の見直し、表皮素材の変更などによって操作性とグリップ性を向上させた新設計のステアリングホイールの採用が挙げられる。

(文=webCG、写真=田村 弥、富士重工業)

→「スバルBRZ GT/イエローエディション」のニュースはこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 走りのパフォーマンスを高めた新グレード「スバルBRZ GT」が登場 2016.10.18 自動車ニュース 富士重工業は2016年10月18日、走りのパフォーマンスと上質感を追求した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」を、同年11月7日に発売すると発表した。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)/スバルBRZ GTプロトタイプ(FR/6MT)【試乗記】 2016.7.5 試乗記 スバルのFRスポーツカー「BRZ」が、デビュー5年目にしてビッグマイナーチェンジを受けた。エンジン、ボディー、足まわりと、いたるところに改良を施したエンジニアのもくろみとは? クローズドコースで試した走りの実力を報告する。
ホームへ戻る