内外装を黒でまとめた「ジープ・レネゲード」が登場

2016.06.29 自動車ニュース
「ジープ・レネゲード ブラックエディション」

FCAジャパンは2016年6月29日、コンパクトSUV「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「ブラックエディション」を設定し、同年7月16日より150台限定で販売すると発表した。

 

レネゲード ブラックエディションは、同車専用ボディーカラーの「カーボンブラックメタリック」やブラックグリル、専用ファブリックシートなど、黒を基調とした内外装のデザインと、充実した装備を特徴とする限定モデルである。ベースとなったのはエントリーグレードの「ロンジチュード」だが、安全装備については上級グレード「リミテッド」と同等の内容となっているという。

特別装備は以下の通り。
・ブラックグリル(グロスブラックアクセント付き)
・グロスブラック フロントフォグランプベゼル/リアテールランプベゼル 
・グロスブラックリアバンパーディフレクター
・グロスブラックJeep バッジ/シルバーRENEGEDEバッジ
・18インチ グロスブラックアルミホイール
・Black Edition専用ファブリックシート(フロントシート:7スロットグリルロゴエンボス加工)
・運転席2ウェイパワーランバーサポート
・グロスブラックインテリアアクセント
・リバーシブル高さ調整機能付きカーゴフロア
・センターコンソール内USBポート
・LaneSense車線逸脱警報プラス
・前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付き)
・ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション
・Parkviewリアバックアップカメラ

価格は309万9600円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レネゲードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る