数字で検証! 「日産エクストレイル」バイヤーズガイド

2016.06.30 特集
「日産エクストレイル」
「日産エクストレイル」

あまたのモデルがしのぎを削る国産ミドルサイズSUVのなかでも、随一の人気を誇る「日産エクストレイル」。そんな人気SUVの、日常使いにおける使い勝手はいかほどか? 購入や維持に関わるあれこれとともに、“走り以外”の実力を調べ尽くす。

大径のタイヤと高められた車高がSUVの特徴。写真は「20X エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”」。
大径のタイヤと高められた車高がSUVの特徴。写真は「20X エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”」。
ワゴン型のボディー形状がもたらすラゲッジルームの広さや利便性もSUVの魅力といえる。
ワゴン型のボディー形状がもたらすラゲッジルームの広さや利便性もSUVの魅力といえる。

趣味性と実用性の両立でSUVの人気が高まる

「価格の安いクルマしか売れない」といわれる中で、意外に注目されているのがSUVである。もともとSUVは悪路を走破するためのオフロード4WDとして誕生したが、今では少し大径のタイヤを装着して外観の存在感を強めれば、SUVのジャンルに含まれる。

SUVが人気を集める理由は、趣味性と実用性をバランスよく両立したからだ。ボディーの上半分はワゴンや5ドアハッチバックと同様の形状で、後席も広く5名乗車の快適な車種が多い。後部には広い荷室があり、リアゲートを使って荷物の収納もしやすい。その一方でサイズの大きなタイヤと少し高めの車高などにより、ボディーの下半分は力強く、カッコよく見える。

これまで車内の広いミニバンに乗っていたユーザーは、子育てを終えても開放感が伴うクルマに乗りたい。背の低いセダンやクーペでは窮屈に感じるし、実用重視の背が高いコンパクトカーでは物足りない。そこで快適性と趣味性を併せ持つSUVが選ばれるようになったのだろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「大解剖! 日産エクストレイル<PR>」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る