数字で検証! 「日産エクストレイル」バイヤーズガイド

2016.06.30 大解剖! 日産エクストレイル<PR>
「日産エクストレイル」
「日産エクストレイル」

あまたのモデルがしのぎを削る国産ミドルサイズSUVのなかでも、随一の人気を誇る「日産エクストレイル」。そんな人気SUVの、日常使いにおける使い勝手はいかほどか? 購入や維持に関わるあれこれとともに、“走り以外”の実力を調べ尽くす。

大径のタイヤと高められた車高がSUVの特徴。写真は「20X エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”」。
大径のタイヤと高められた車高がSUVの特徴。写真は「20X エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”」。
ワゴン型のボディー形状がもたらすラゲッジルームの広さや利便性もSUVの魅力といえる。
ワゴン型のボディー形状がもたらすラゲッジルームの広さや利便性もSUVの魅力といえる。

趣味性と実用性の両立でSUVの人気が高まる

「価格の安いクルマしか売れない」といわれる中で、意外に注目されているのがSUVである。もともとSUVは悪路を走破するためのオフロード4WDとして誕生したが、今では少し大径のタイヤを装着して外観の存在感を強めれば、SUVのジャンルに含まれる。

SUVが人気を集める理由は、趣味性と実用性をバランスよく両立したからだ。ボディーの上半分はワゴンや5ドアハッチバックと同様の形状で、後席も広く5名乗車の快適な車種が多い。後部には広い荷室があり、リアゲートを使って荷物の収納もしやすい。その一方でサイズの大きなタイヤと少し高めの車高などにより、ボディーの下半分は力強く、カッコよく見える。

これまで車内の広いミニバンに乗っていたユーザーは、子育てを終えても開放感が伴うクルマに乗りたい。背の低いセダンやクーペでは窮屈に感じるし、実用重視の背が高いコンパクトカーでは物足りない。そこで快適性と趣味性を併せ持つSUVが選ばれるようになったのだろう。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 日産が「エクストレイル」をマイナーチェンジ 2017.6.8 自動車ニュース 日産がミドルサイズSUV「エクストレイル」をマイナーチェンジ。自動操舵技術を用いた運転支援システム「プロパイロット」を新採用するなど、装備を大幅に強化した。フロントマスクを変更するなど、デザインにも手が加えられている。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • スバル、米国市場向けにSTIチューニングマシン2車種を投入 2017.6.9 自動車ニュース スバルは2017年6月9日、米国市場向けのハイパフォーマンスカー「WRX STIタイプRA」と「BRZ tS」を発表した。どちらも500台限定で、2018年初頭に販売を開始する。
ホームへ戻る