「谷口信輝の新車試乗」――BMW M4クーペ(後編)

2016.06.30 mobileCG

「谷口信輝の新車試乗」――BMW M4クーペ(後編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「BMW M4クーペ」に試乗する。431psの3リッター直6ターボユニットを搭載するスポーツクーペは、いったいどんなドライバーにお薦めなのか。谷口が分析する!

■特別感は細部に宿る

BMW M4の後編は、まずスタイリングの印象を谷口信輝に語ってもらった。「デザインは、まあまあかな。別にイヤなわけじゃないけれど、ぐっと刺さるモノはないですね」

これまでの連載でお気づきのとおり、谷口は押し出しの強いメルセデス系デザインが好きで、おとなしめでブランド内の共通性を強く打ち出したアウディ系デザインにはあまり引かれないもよう。その意味でいえば、BMWはメルセデスよりもアウディに近い位置づけのように思える。「でも、アウディよりは押し出し感がありますよね。ただ、M4の特別感を打ち出しているのは、ボディー全体の作りというよりも、ブレーキとかホイールとかのパーツという印象が強い。だから、フツーの『4シリーズ』を買ってきて、そこにこういうパーツを付けてM4になりきってみせるという手ができなくもないような気がする。そこがちょっと残念かな」

では、インテリアはどうか? 「メーターとか、昔ながらのアナログ式で、『ザ・ハリ(針)』って感じですよね。でも、結局そういうのが一番見やすかったりするんですよ。ステアリングは、僕の嫌いなバックスキンじゃなくてスムーズレザーなのがいいですね」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
M4クーペBMWレクサスGS F

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション 2018.4.19 画像・写真 「M3」「M4」ゆずりの3リッター直6ターボエンジン(最高出力410ps、最大トルク550Nm)を搭載。BMWのコンパクトなハイパフォーマンスモデル「BMW M2コンペティション」の姿を写真で紹介する。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
ホームへ戻る