「谷口信輝の新車試乗」――BMW M4クーペ(後編)

2016.06.30 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW M4クーペ(後編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――BMW M4クーペ(後編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「BMW M4クーペ」に試乗する。431psの3リッター直6ターボユニットを搭載するスポーツクーペは、いったいどんなドライバーにお薦めなのか。谷口が分析する!

 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW M4クーペ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW M4クーペ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――BMW M4クーペ(後編)の画像

■特別感は細部に宿る

BMW M4の後編は、まずスタイリングの印象を谷口信輝に語ってもらった。「デザインは、まあまあかな。別にイヤなわけじゃないけれど、ぐっと刺さるモノはないですね」

これまでの連載でお気づきのとおり、谷口は押し出しの強いメルセデス系デザインが好きで、おとなしめでブランド内の共通性を強く打ち出したアウディ系デザインにはあまり引かれないもよう。その意味でいえば、BMWはメルセデスよりもアウディに近い位置づけのように思える。「でも、アウディよりは押し出し感がありますよね。ただ、M4の特別感を打ち出しているのは、ボディー全体の作りというよりも、ブレーキとかホイールとかのパーツという印象が強い。だから、フツーの『4シリーズ』を買ってきて、そこにこういうパーツを付けてM4になりきってみせるという手ができなくもないような気がする。そこがちょっと残念かな」

では、インテリアはどうか? 「メーターとか、昔ながらのアナログ式で、『ザ・ハリ(針)』って感じですよね。でも、結局そういうのが一番見やすかったりするんですよ。ステアリングは、僕の嫌いなバックスキンじゃなくてスムーズレザーなのがいいですね」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
  • BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表 2017.6.14 自動車ニュース 独BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表した。既存の「5シリーズ グランツーリスモ」の後継を担う大型の5ドアハッチバックモデルであり、2017年9月に開催されるフランクフルトショーにおいて世界初公開される。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
ホームへ戻る