トヨタが「ポルテ/スペイド」の安全装備を強化

2016.06.30 自動車ニュース
「トヨタ・ポルテF“ア・ラ・モード・トロワ”」
「トヨタ・ポルテF“ア・ラ・モード・トロワ”」

トヨタ自動車は2016年6月30日、コンパクトカー「ポルテ」「スペイド」に一部改良を施すとともに、特別仕様車としてポルテに「F“a la mode Trois”(ア・ラ・モード・トロワ)」、スペイドに「F“Queen II”」を設定し、販売を開始した。

スペイドF“Queen II”」
「スペイドF“Queen II”」
「ポルテX」
「ポルテX」
「スペイドF」
「スペイドF」

■「Toyota Safety Sense C」を全車に採用

ポルテとスペイドは、助手席側に設けられた大開口の電動スライドドアを特徴とする、ハイトワゴンタイプのコンパクトカーである。

今回の一部改良では、プリクラッシュセーフティーやレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームなどの機能をセットにした運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を全車に採用。同様にIR(赤外線)カット機能付きウインドシールドガラスを全車標準装備としたほか、センターメーターをデジタル表示とすることで、視認性を高めている。

価格は以下の通り。
・X(FF):177万7680円
・X(4WD):193万7520円
・Y(FF):183万9240円
・Y(4WD):199万440円
・F(FF):182万8440円
・F(4WD):197万9640円
・G(FF):192万6720円
・G(4WD):207万7920円
※価格はポルテ、スペイドで同額。

「ポルテF“ア・ラ・モード・トロワ”」のインテリア。
「ポルテF“ア・ラ・モード・トロワ”」のインテリア。
スペイドF“Queen II”」のインテリア。
「スペイドF“Queen II”」のインテリア。

■専用にコーディネートされた内外装が特徴

一部改良と合わせて設定されたポルテF“ア・ラ・モード・トロワ”、スペイドF“Queen II”は、カタログモデルとは異なる内外装を特徴とする特別仕様車である。

両モデルともに、ファスナーで簡単に脱着でき、丸洗いが可能なウォッシャブルカバーシートを特別装備。ポルテF“ア・ラ・モード・トロワ”では室内天井とウォッシャブルカバーシートに内装色「フロマージュ」に合わせた水玉模様をあしらうとともに、ベースシートの表皮をフロマージュ、インストゥルメントパネル上部とドアトリムオーナメントの差し色を「プラム」でコーディネートしている。このほかにも、内装にはメッキ装飾のシフトレバーベゼルやインサイドドアハンドル(運転席・助手席)、ブラウン塗装のレジスターリングを採用している。

また外装では、ラジエーターグリルと電動格納式リモコンドアミラーにブラウン塗装を、バックドアガーニッシュとアウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すとともに、パールホワイト塗装の樹脂製フルホイールキャップを採用。ボディーカラーには「ホワイトパールクリスタルシャイン」「チェリーパールクリスタルシャイン」「クリームベージュ」「シトラスオレンジマイカメタリック」の全4色を用意している。

一方、スペイドF“Queen II”では内装色を「ブラック」とするとともに、室内天井には格子柄を、ウォッシャブルカバーシートはストライプを施した専用デザインを採用。メッキ装飾のシフトレバーベゼルやインサイドドアハンドル(運転席・助手席)、サテン調のレジスターリング、専用意匠のセンターメーターを用いている。また外装では、フロントグリル、電動格納式リモコンドアミラー、バックドアガーニッシュ、アウトサイドドアハンドルにメッキ調とするとともに、スーパークロームメタリック塗装の樹脂製フルホイールキャップを採用。ボディーカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ボルドーマイカメタリック」「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」に同車専用色の「ブラック」を加えた全4色の設定となっている。

価格は両モデル同額で、FF車が194万9400円、4WD車が210万600円。

(webCG)
 

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
ホームへ戻る