マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)

ディーゼルでも高速系 2016.07.04 試乗記 ディーゼルが退屈な実用エンジンだったのも今は昔、もはやマセラティのノーズにまで収まる時代になった。「ギブリ」の最新モデルとしてこの春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」は、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。

マセラティもディーゼル

ヴィスコンティの映画の中の貴族のように、そのまま穏やかに黄昏を迎えるかに見えたイタリアの名門ブランドは、今や業界の注目の的である。100年を超える波瀾万丈の歴史を持つ名門にとって初めてのディーゼルモデルをアッパーミディアムクラスのギブリに投入(「クアトロポルテ」にもある)、ついにはSUVの「レヴァンテ」もデビューした。このレヴァンテが軌道に乗った暁には、悲願だった米国市場でも足場を固め、年間5万台レベルのビジネスを確立する計画という。日本市場での伸長も目覚ましく、ギブリのデビューとともにここ2年ほどは年1500台レベルまで一気に増加している。21世紀を目前にしてフェラーリ傘下に組み入れられた時は年に1000台も生産できなかった名門ブランドが、現代のプレミアムカー・メーカーとして見事に復活を遂げたことは、まことに稀有(けう)な例であるといえるだろう。

かつて夢のような傑作レーシングカーやエキゾチックカーを生み出した歴史と伝統を持ち出して昔を懐かしむつもりはないが、それでもディーゼルエンジンを積んだ“ギブリ”を目の前にすると、時代が変わったことを感じないわけにはいかないのだ。

ガソリンV6ターボモデルと見分けがつかないスポーティーでエレガントなセダンに搭載された3リッターV6直噴ターボディーゼルが生み出すパワーとトルクは、275ps(202kW)/4000rpm、600Nm(61.2kgm)/2000rpmとかなりのハイスペックだ。一時期は代名詞のようだったトランスアクスル配置ではないが(車検証記載の前後重量配分は55:45)、トランスミッションはシフトパドル(パッケージオプションの一部)付きのZF製8段オートマチックで、メーカー公称値は最高速=250km/h、0-100km/h加速=6.3秒を主張する。車重2トンを超える大型セダンとしては文句なしのパフォーマンスである。

「ギブリ ディーゼル」の国内デビューは2016年3月。後輪駆動の右ハンドル仕様のみの設定。車両価格は933万円。
「ギブリ ディーゼル」の国内デビューは2016年3月。後輪駆動の右ハンドル仕様のみの設定。車両価格は933万円。
上質なレザーがふんだんに使用されたインテリア。内装色はサッビア(ベージュ)。
上質なレザーがふんだんに使用されたインテリア。内装色はサッビア(ベージュ)。
3リッターV6ターボディーゼルユニットはマセラティとイタリアのVMモトーリ社が共同で開発したもの。単体重量は220kg。
3リッターV6ターボディーゼルユニットはマセラティとイタリアのVMモトーリ社が共同で開発したもの。単体重量は220kg。
車重は2040kg。車検証には前軸重が1120kg、後軸重は920kgと記される。
車重は2040kg。車検証には前軸重が1120kg、後軸重は920kgと記される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ギブリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る