アルファ・ロメオ・ジュリア2.0(FR/8AT)/ジュリア2.2ディーゼル(FR/8AT)/ジュリア クアドリフォリオ(FR/6MT)

新時代のアルファ 2016.07.06 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。

歴史的な背景を持つ車名

アルファ・ロメオがそのラインナップの中軸にFRモデルを置くのは、かれこれ四半世紀ぶり、「75」以来のことだ。その75のエンジニアリング面でのルーツとなるのは1972年に発表された「アルフェッタ」。そしてアルフェッタのさらに向こうに、1962年に発表されたオリジナルの「ジュリア」がある。FFのジェネレーションを無視するわけではないが、なにもブランドのつじつま合わせに昔の名前を引っ張りだしたのではなく、新しいジュリアにはちゃんとひも付けできる歴史背景があるということは知っておいてもいいことだと思う。

オリジナルのジュリアにまつわる歴史は、そのまま市販車におけるアルファ・ロメオの黄金期と重なっている。「アルフィスタ」と呼ばれる多くのエンスージアストが通ってきた道も、またここにつながるわけだ。

一方でアルフェッタから75にかけては、会社はもとよりイタリアそのものが経済的な低迷期を迎えたこともあって販売は低迷。フィアット側のポートフォリオに倣うかたちで、エンジニアリングの近代化としてアルファ・ロメオはFF化を推進することになる。
結果的にそれは「156」の世代でビジネス的にも実を結ぶわけだが、そこで培われたアルファ・ロメオのポジティブなプロダクトイメージは、繊細なデザインといい意味でクラシックなエンジンによるところが大きい。

一方で、アルフィスタにとってアルフェッタ以前のアルファ・ロメオは、DOHCやインボードディスクブレーキ、トランスアクスルレイアウトをこのクラスに用いるなど、技術面において非常にアグレッシブなメーカーであるという印象が強いだろう。

そしてこの新しいジュリアから、アルファ・ロメオは新たなブランドイメージの構築を加速させると思われる。果たしてそれはどんな着地点を目指すものなのか。このクルマの出来栄えは、確かにそれを示唆するものとなっていた。

1962年に登場した初代「アルファ・ロメオ・ジュリア」(右)と、新型「ジュリア クアドリフォリオ」(左)。
1962年に登場した初代「アルファ・ロメオ・ジュリア」(右)と、新型「ジュリア クアドリフォリオ」(左)。
高性能版の「クアドリフォリオ」。新型「ジュリア」は2015年夏に、まずはクアドリフォリオから世界初公開された。
高性能版の「クアドリフォリオ」。新型「ジュリア」は2015年夏に、まずはクアドリフォリオから世界初公開された。
直4のガソリンおよびディーゼルエンジンを搭載した「クアドリフォリオ」以外のモデルは、2016年3月のジュネーブショーでお披露目された。
直4のガソリンおよびディーゼルエンジンを搭載した「クアドリフォリオ」以外のモデルは、2016年3月のジュネーブショーでお披露目された。
テールゲートに備えられた「GIULIA」のバッジ。
テールゲートに備えられた「GIULIA」のバッジ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュリアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • パリモーターショー2016の会場から(その4) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。FCAは「アルファ・ロメオ・ジュリア」の高性能グレード「ヴェローチェ」を公開した。「フィアット124スパイダー アメリカ」や、「フィアット500リヴァ」なども展示された。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ 2016.9.28 画像・写真 FCAはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、「アルファ・ロメオ・ジュリア」の新しいバリエーション「ジュリア ヴェローチェ」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る