アウディS8プラス(4WD/8AT)

エリート主義の極み 2016.07.07 試乗記 アウディの高性能セダン「S8」をベースに、動力性能に一段と磨きをかけた「S8プラス」が登場。最高出力605ps、300km/hオーバーの最高速度を豪語する、スーパーセダンの走りやいかに? その走りの印象を詳しく報告する。

何もかもがスーパースポーツ

いまさら衝撃を受けていてはいけないのだが、アウディS8プラスは衝撃だ。なぜならこのクルマは、「4ドアのスーパースポーツ」そのものだから。昔からその種のクルマは存在したが、これほどまでに何もかもがスーパースポーツなセダンは、なかったように思う。
背景には、スーパースポーツの乗り味が恐ろしいほどコンフォート寄りになりつつある結果、両者の乗り味が必然的に接近しているという事実もあるが。

例えば、ほぼ同じ4リッター(正確には3902cc)のV8ターボエンジンを積む「フェラーリ488GTB」とこのS8プラスを乗り比べたら、488GTBの方がよりコンフォートであり(レースモードであっても!)、対するS8プラスは、あらゆるモードでよりソリッドかつダイレクトな乗り味を提供する……という結論になりかねない。とんでもない逆転現象である。

もともとアウディのフラッグシップセダンは、S8でさえ520psをたたき出していた。パワーだけ見れば完全にスーパースポーツなのだが、スーパースポーツの方も尻に火が付きパワーアップを続けているため、もはや520ps程度では満足できないオーナーもいよう。少なくともアウディ本社は満足しなかった。そして一気に85psもパワーアップさせ、600psの大台に乗せた。オーバーブースト時のトルクは76.5kgmに達する。素のS8からの価格アップは226万円となっている。

日本では、従来の「S8」に代わる高性能セダンとしてラインナップされた「S8プラス」。2016年4月に国内販売がスタートした。


	日本では、従来の「S8」に代わる高性能セダンとしてラインナップされた「S8プラス」。2016年4月に国内販売がスタートした。
「コンフォートスポーツシート」と名付けられた前席。シートヒーターやベンチレーション機能、マッサージ機能が備わる。
「コンフォートスポーツシート」と名付けられた前席。シートヒーターやベンチレーション機能、マッサージ機能が備わる。
最高出力605ps発生する、4リッターV8ターボエンジン。キックダウンでオーバーブーストモードに入ると、通常71.4kgmの最大トルクは数秒間、76.5kgmにまで高められる。
最高出力605ps発生する、4リッターV8ターボエンジン。キックダウンでオーバーブーストモードに入ると、通常71.4kgmの最大トルクは数秒間、76.5kgmにまで高められる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る