新型FRスポーツ「スバルBRZ」公開へ

2011.11.07 国産車

新型FRスポーツ「スバルBRZ」公開へ

富士重工業は、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける第42回東京モーターショーに新型スポーツカー「BRZ(ビー・アール・ゼット)」を出展すると、11月7日に発表した。

「スバルBRZ」は、スバルがトヨタと共同で開発を進めているコンパクトなスポーツカー。アメリカLAショー(11月16-27日)におけるコンセプトモデル「BRZコンセプト -STI-」の展示に続いて、東京モーターショーでいよいよ世界初公開の時を迎える。

現在公表されているボディーサイズは、全長×全幅×全高=4240×1775×1300mmで、ホイールベースが2570mm。新開発の2リッター水平対向4気筒エンジンをフロントに搭載し、6段のMTまたはATを介して後輪を駆動する。足まわりは、フロントがマクファーソンストラット、リアがダブルウィッシュボーン式だ。

新しいボクサーユニットはボア×ストローク=86×86mmのスクエアタイプ。トヨタが開発した直噴システム「D-4S」との組み合わせにより、ハイパワーと高い環境性能を両立。「新世代のスポーツカーにふさわしい性能を実現した」という。

スバルによれば、「『BRZ』は、広いスイートスポットをもつ、テニスのオーバーサイズラケットのようなもの。多くの人が走る楽しさやクルマを操る喜びを感じられるスポーツカーに仕上がっている」とのことである。

(webCG 関)


新型FRスポーツ「スバルBRZ」公開への画像 拡大
こちらはLAショーに出展されるコンセプトカー「スバルBRZコンセプト -STI-」 。
こちらはLAショーに出展されるコンセプトカー「スバルBRZコンセプト -STI-」 。
拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る