スバルBRZ S(FR/6MT)/スバルBRZ GTプロトタイプ(FR/6MT)

エンジニアに敬意を表したい 2016.07.05 試乗記 スバルのFRスポーツカー「BRZ」が、デビュー5年目にしてビッグマイナーチェンジを受けた。エンジン、ボディー、足まわりと、いたるところに改良を施したエンジニアのもくろみとは? クローズドコースで試した走りの実力を報告する。

スポーツカーとは“心で乗る”もの

「ん?」「あれ?」とやや驚き気味の自分だったのは、スバルBRZのステアリングを握るのが、年単位で久しぶりだったからだ。

2012年の2月に発売前の最終試作車に試乗させてもらって以来、僕はBRZにとてもいい印象を持ち続けていた。サイズ的にも重量的にもライトウェイトスポーツカーとは呼べないが、それらと同じくらい気軽に乗ってでることのできる扱いやすさと実用性があり、それでいてスポーツカーとしての懐が思いのほか深く、走らせることそのものが楽しい。とりわけ持て余さない程度のパフォーマンスの高さ、そして結構な領域まで踏み込んでいったときのコントロールする楽しさと簡単には破綻しない安心感の絶妙なバランスは見事だな、と感じさせられたものだった。

それに、これはとても僕個人として尊重したいことなのだけど、作り手の「こうしたい!」がちゃんとそうなっていて、ドライバーに楽しさや気持ちよさを感じさせてくれるクルマに仕上がっていたのがよかった。現在の自動車メーカーに“作り手の顔が見える”ことを望むのは難しいけれど、それだけに“作り手の意志が感じ取れることは大切であるように思う。スポーツカーは“心で乗る”ものなのだから。

ビッグマイナーチェンジが加えられた新しいBRZを走らせて「ん?」「あれ?」と感じたのは、もともと持っていた好印象が違和感に転じたからではなく、むしろ「ここがこんなふうに進化したのか」と感じることができたからだ。スペックの上では従来型と劇的な違いはないようだったが、“心で乗る”スポーツカーにとって何よりも重要な感覚的な部分が、さらに煮詰められていたように思えたのだ。エンジニアたちの「こうしたい!」が「もっとこうしたい!」に膨らんで、それがカタチになったのだろうな、とうれしくなった。

──と話を飛躍させるのはこれくらいにして、2016年7月5日に発表されたビッグマイナーチェンジ版について、説明しながら進めるべきだろう。

2012年3月に発売された「スバルBRZ」。「トヨタ86」とは姉妹モデルの関係にある。
2012年3月に発売された「スバルBRZ」。「トヨタ86」とは姉妹モデルの関係にある。
今回の改良では、シャシーやエンジンに加え、内外装のデザインも変更。リアビューでは、シャークフィンアンテナや新意匠のフルLED式リアコンビランプなどが従来型との違いとなっている。
今回の改良では、シャシーやエンジンに加え、内外装のデザインも変更。リアビューでは、シャークフィンアンテナや新意匠のフルLED式リアコンビランプなどが従来型との違いとなっている。
今回試乗した「BRZ S」のインテリア。ダッシュボードなどにレザー調素材のレッドステッチ入りソフトパッドが採用された。
今回試乗した「BRZ S」のインテリア。ダッシュボードなどにレザー調素材のレッドステッチ入りソフトパッドが採用された。
今回の試乗は、富士スピードウェイのショートコースと、構内の外周路を使って行われた。
今回の試乗は、富士スピードウェイのショートコースと、構内の外周路を使って行われた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る