「スバルBRZ」に足まわりを鍛えた最上級グレード登場

2016.07.05 自動車ニュース
「スバルBRZ GT」
「スバルBRZ GT」

富士重工業は2016年7月5日、「スバルBRZ」に新たな最上級グレード「GT」を設定し、同年秋に発売すると発表した。また同グレードをベースとした特別仕様車「イエローエディション」の先行予約受け付けを、同年7月7日に開始する。

ZF製のザックスダンパー。
ZF製のザックスダンパー。
ブレンボ製ブレーキ。
ブレンボ製ブレーキ。
アルカンターラと本革のコンビシート
アルカンターラと本革のコンビシート。

■ザックスのダンパーとブレンボのブレーキを装備

BRZ GTは、2リッター水平対向4気筒エンジンやトランスミッションなどはそのままに、足まわりを改良することで運動性能を高めた新グレードである。

具体的には、フロントが17インチ対向4ポット、リアが17インチ対向2ポットのブレンボ製ベンチレーテッドディスクブレーキや、ZF製のザックスダンパーを採用。タイヤサイズは「S」と同じ215/45R17で、スーパーブラックハイラスター塗装を施した専用デザインの17インチアルミホイールを装備している。

また、空力パーツとしてはSではオプション扱いとなるリアスポイラーを標準で採用。インテリアは基本的にSに準じているが、こちらについてもSではオプションとなるアルカンターラと本革のコンビシートを標準装備としている。

価格は6段MT仕様が331万5600円、6段AT仕様が337万5000円。

※上述の価格および仕様については、いずれも予定。

「BRZイエローエディション」
「BRZイエローエディション」
BRZイエローエディション」のリアビュー。
「BRZイエローエディション」のリアビュー。
17インチアルミホイール(ブラック)
17インチアルミホイール(ブラック)
BRZイエローエディション」のインテリア。
「BRZイエローエディション」のインテリア。
アルカンターラ/本革シート(ブラック/イエロー、フロントシートヒーター付き)
アルカンターラ/本革シート(ブラック/イエロー、フロントシートヒーター付き)

■販売台数は100台、イエローが目を引く限定モデル

同時に発表されたイエローエディションは、専用の内外装を特徴とする特別仕様車であり、販売台数は100台まで、受注期間は2016年10月31日までの限定となる。

エクステリアでは、ボディーカラーを「チャコールサイトイエロー」とするとともに、17インチホイールやドアミラーなどをブラックアウト。インテリアについては、ドアグリップやシートの肩まわりにイエローのアクセントを、メーターバイザーやインストゥルメントパネルなどにゴールドのステッチを採用している。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・17インチアルミホイール(ブラック)
・アルカンターラ/本皮シート(ブラック/イエロー、フロントシートヒーター付き)
・本革巻きステアリングホイール(高触感革、ゴールドステッチ)
・本革巻きハンドブレーキレバー(ゴールドステッチ)
・シフトレバー(MT車はシフトノブ)&ハンドブレーキレバーブーツ(ゴールドステッチ)
・レザー調素材巻きのダッシュボード装飾パネル(ゴールドステッチ)
・ドアトリム(ゴールドステッチ<アームレスト、ショルダーパッド>)
・ドアグリップ(イエロー/シルバー)
・メーターバイザー(レザー調素材巻き、ゴールドステッチ)
・ニーパッド(レザー調素材巻き、ゴールドステッチ)(運転席、助手席)
・BRZエンブレム(ブラック)
・ブラックカラードドアミラー
・ブラックルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)

価格は6段MT仕様が336万9600円、6段AT仕様が342万9000円。

(webCG)

→「スバルBRZ」の大幅改良のニュースはこちら

 

関連キーワード:
BRZスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
ホームへ戻る