「フォルクスワーゲン・パサート ヴァリアント」に日本専用の限定車

2016.07.05 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・パサート ヴァリアント ヴォヤージュ」
「フォルクスワーゲン・パサート ヴァリアント ヴォヤージュ」 拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年7月5日、日本専用設定となる特別仕様車「パサート ヴァリアント ヴォヤージュ」を発売した。販売台数は250台限定で、価格は389万円。

LEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き)
LEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き) 拡大
フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム“Discover Pro”(ETC2.0対応車載器付き)
フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム“Discover Pro”(ETC2.0対応車載器付き) 拡大
Car Window Filmレギュラースモーク(リア/リア左右)
Car Window Filmレギュラースモーク(リア/リア左右) 拡大

今回の特別仕様車は、1.4リッターTSIエンジンと7段DSGを搭載した「パサート ヴァリアントTSIコンフォートライン」をベースに、フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステムの「“Discover Pro”パッケージ」や「LEDヘッドライトパッケージ」などの人気オプションを標準装備。さらに、リアガラスとリア左右ガラスに「Car Window Filmレギュラースモーク」を装着している。

ボディーカラーは全7色の設定で、カラー別の販売台数は以下の通り。
・ピュアホワイト:25 台
・ディープブラックパールエフェクト:45 台
・ハーバードブルーメタリック:60 台
・タングステンシルバーメタリック:60 台
・ナイトブルーメタリック:15 台
・オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(有償オプションカラー 12万9600 円):35 台
・クリムゾンレッドメタリック(有償オプションカラー 6万4800 円):10 台

(webCG)
 

関連キーワード:
パサートフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回 新グレード「TSIエレガンスライン」を試す 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 装備が見直されるとともに、ラインナップが改められたフォルクスワーゲンのセダン「パサート」に試乗。新グレード「TSIエレガンスライン」をメインに、その仕上がりを詳しく報告する。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.4 試乗記 フォルクスワーゲン(VW)が「パサート」のディーゼルモデルをリリースした。パサートといえば“質実剛健”を地でいく上質な実用車。そこに同じく実用エンジンのディーゼルを組み合わせると、仕上がりはどんな感じ? ワゴンのヴァリアントでテストした。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.5.21 試乗記 次世代のモビリティーを提案するプラグインハイブリッド車であり、BMWのスポーツカーのなかでも最も高額なモデルである「BMW i8」。マイナーチェンジとともに追加されたオープントップの「ロードスター」に、風光明媚なスペイン・マヨルカ島で試乗した。
ホームへ戻る