フォルクスワーゲン・パサートGTEヴァリアント アドヴァンス(FF/6AT)

電気仕掛けの狼 2016.07.09 試乗記 フォルクスワーゲン(以下、VW)から、プラグインハイブリッド車(PHV)の「パサートGTE」シリーズが登場。ワゴンボディーの上級モデル「ヴァリアント アドヴァンス」に試乗し、ユニークなハイブリッドシステムの制御と、走りの特徴をリポートする。

あれもこれも標準装備

2016年6月7日に国内発売となったパサートGTEは、昨年秋に上陸した「ゴルフGTE」に次ぐVWのPHV第2弾である。ご存じのように、パサートは「MQB」プラットフォームを共有するゴルフの兄弟車であり、MQBの兄弟はこのほかにもたくさんいる。VWはここに至ってPHVのニューモデルを次々と送り出す量産体制を整えたわけである。

今回編集部が借り出したのは、GTEの最高価モデルたる「ヴァリアント アドヴァンス」599万9000円。ナパレザーの本革シートを標準とし、VW初のデジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」と「ヘッドアップディスプレイ」、上から目線のアラウンドビューカメラ「エリアビュー」、駐車支援システム「パークアシスト」などの先進テクノロジーをスタンダードで装備するのがアドヴァンスで、フツウのパサートGTEより60万円ほど高い。とはいえ、アダプティブシャシーコントロール「DCC」だって標準装備だから、お買い得のようにも思える。購入時には10万8000円のクリーンエネルギー自動車導入促進対策費の適用も受けられる。ということは、プラス40万円でこれだけの装備が付いてくる! ま、アドバンスではないパサートGTEも対策費の対象で、つまり10万8000円もらえるんですけどね。

いわゆる自動緊急ブレーキのプリクラッシュブレーキシステム「フロントアシスト」や、渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」、アダプティブクルーズコントロール「ACC」(全車速追従機能付き)などは、現行パサートの標準装備品だ。ともかくお買い得感満載である。

「パサートGTEヴァリアント アドヴァンス」のインストゥルメントパネルまわり。「サントロペ」(写真)と「チタンブラック」の2種類の内装色が用意されている。
「パサートGTEヴァリアント アドヴァンス」のインストゥルメントパネルまわり。「サントロペ」(写真)と「チタンブラック」の2種類の内装色が用意されている。
上級グレード「アドヴァンス」に装備されるデジタルメータークラスターの「アクティブインフォディスプレイ」。(写真をクリックすると、表示内容の切り替わる様子を確認できます)
上級グレード「アドヴァンス」に装備されるデジタルメータークラスターの「アクティブインフォディスプレイ」。(写真をクリックすると、表示内容の切り替わる様子を確認できます)
「アドヴァンス」にはヘッドアップディスプレイやアラウンドビューカメラ、可変ダンピングシステムの「DCC」、ナパレザー製のパワーシート、18インチホイール&タイヤなどが標準装備される。
「アドヴァンス」にはヘッドアップディスプレイやアラウンドビューカメラ、可変ダンピングシステムの「DCC」、ナパレザー製のパワーシート、18インチホイール&タイヤなどが標準装備される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る