フォルクスワーゲン・パサートGTEヴァリアント アドヴァンス(FF/6AT)

電気仕掛けの狼 2016.07.09 試乗記 フォルクスワーゲン(以下、VW)から、プラグインハイブリッド車(PHV)の「パサートGTE」シリーズが登場。ワゴンボディーの上級モデル「ヴァリアント アドヴァンス」に試乗し、ユニークなハイブリッドシステムの制御と、走りの特徴をリポートする。

あれもこれも標準装備

2016年6月7日に国内発売となったパサートGTEは、昨年秋に上陸した「ゴルフGTE」に次ぐVWのPHV第2弾である。ご存じのように、パサートは「MQB」プラットフォームを共有するゴルフの兄弟車であり、MQBの兄弟はこのほかにもたくさんいる。VWはここに至ってPHVのニューモデルを次々と送り出す量産体制を整えたわけである。

今回編集部が借り出したのは、GTEの最高価モデルたる「ヴァリアント アドヴァンス」599万9000円。ナパレザーの本革シートを標準とし、VW初のデジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」と「ヘッドアップディスプレイ」、上から目線のアラウンドビューカメラ「エリアビュー」、駐車支援システム「パークアシスト」などの先進テクノロジーをスタンダードで装備するのがアドヴァンスで、フツウのパサートGTEより60万円ほど高い。とはいえ、アダプティブシャシーコントロール「DCC」だって標準装備だから、お買い得のようにも思える。購入時には10万8000円のクリーンエネルギー自動車導入促進対策費の適用も受けられる。ということは、プラス40万円でこれだけの装備が付いてくる! ま、アドバンスではないパサートGTEも対策費の対象で、つまり10万8000円もらえるんですけどね。

いわゆる自動緊急ブレーキのプリクラッシュブレーキシステム「フロントアシスト」や、渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」、アダプティブクルーズコントロール「ACC」(全車速追従機能付き)などは、現行パサートの標準装備品だ。ともかくお買い得感満載である。

「パサートGTEヴァリアント アドヴァンス」のインストゥルメントパネルまわり。「サントロペ」(写真)と「チタンブラック」の2種類の内装色が用意されている。
「パサートGTEヴァリアント アドヴァンス」のインストゥルメントパネルまわり。「サントロペ」(写真)と「チタンブラック」の2種類の内装色が用意されている。
上級グレード「アドヴァンス」に装備されるデジタルメータークラスターの「アクティブインフォディスプレイ」。(写真をクリックすると、表示内容の切り替わる様子を確認できます)
上級グレード「アドヴァンス」に装備されるデジタルメータークラスターの「アクティブインフォディスプレイ」。(写真をクリックすると、表示内容の切り替わる様子を確認できます)
「アドヴァンス」にはヘッドアップディスプレイやアラウンドビューカメラ、可変ダンピングシステムの「DCC」、ナパレザー製のパワーシート、18インチホイール&タイヤなどが標準装備される。
「アドヴァンス」にはヘッドアップディスプレイやアラウンドビューカメラ、可変ダンピングシステムの「DCC」、ナパレザー製のパワーシート、18インチホイール&タイヤなどが標準装備される。
関連記事
  • フォルクスワーゲン・パサートGTE(FF/6AT)【レビュー】 2016.6.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に続き、「パサート/パサートヴァリアント」にプラグインハイブリッド車の「GTE」が登場した。1.4リッターターボエンジンとトルクフルな電動モーターが織り成す、ガソリン車とは一線を画す走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.22 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」が登場。「ゴルフGTI」ゆずりのエンジンとパワートレイン、そしてRラインならではのシャシー制御システムが織り成す走りを試す。
  • 「フォルクスワーゲン・パサート」にPHEVの「GTE」登場 2016.6.7 自動車ニュース フォルクスワーゲンが「パサート/パサートヴァリアント」にプラグインハイブリッド車「GTE」を設定し、販売を開始した。9.9kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載されており、51.7kmの距離を電気だけで走ることができるという。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る