アウディがRSを超える高性能モデルを日本導入

2016.07.05 自動車ニュース
「アウディRS Q3パフォーマンス」と、アウディ ジャパンの斉藤 徹代表取締役社長
「アウディRS Q3パフォーマンス」と、アウディ ジャパンの斉藤 徹代表取締役社長。

アウディ ジャパンは2016年7月5日、アウディの高性能スポーツモデル「RS」をベースに、さらに性能を向上させた「RSパフォーマンス」を設定し、8月下旬に発売すると発表した。今回日本に導入されるのは、「RS 7スポーツバック パフォーマンス」「RS 6アバント パフォーマンス」「RS Q3パフォーマンス」の3タイプ。

RS Q3パフォーマンス」
「RS Q3パフォーマンス」
「RS Q3パフォーマンス」の2.5リッター直5ターボエンジン。
「RS Q3パフォーマンス」の2.5リッター直5ターボエンジン。
マットチタンルックの20インチアロイホイール。
マットチタンルックの20インチアロイホイール。

■7モデルの「RS」の内、3モデルが「RSパフォーマンス」に

今回新たに設定されるRSパフォーマンスは、RSモデルと同様に、アウディのモータースポーツ活動をサポートするクワトロGmbHが開発に参画し、製造を行う。現在、日本では7モデルのRSが導入されているが、このうち3モデルがRSからRSパフォーマンスへと進化した形だ。

SUVであるRS Q3パフォーマンスは、2.5リッターの直列5気筒ターボエンジンにさらなるチューニングを行うことで、従来型より最高出力/最大トルクが27ps/1.5kgmアップの、367ps/47.4kgmに。結果、0-100km/h加速は0.4秒短縮し、4.4秒となった。最高速度も250km/hから270km/hまで高められているが、これはリミッターの作動速度となる。

エクステリアにも手が加えられており、各所に専用デザインのエアロパーツを装着。モールやルーフレール、20インチのアロイホイールなどにはマットチタンルックを取り入れている。また、インテリアにはバルコナレザーとパーフォレーテッドアルカンターラのコンビシートを含む「RSパフォーマンスデザインパッケージ」を設定するなどして、RSとの差別化が図られている。

「RS 7スポーツバック パフォーマンス」
「RS 7スポーツバック パフォーマンス」
「RS 7スポーツバック パフォーマンス」のインストゥルメントパネルまわり。
「RS 7スポーツバック パフォーマンス」のインストゥルメントパネルまわり。
「RS 6アバント パフォーマンス」
「RS 6アバント パフォーマンス」
「RS 6アバント パフォーマンス」のインストゥルメントパネルまわり。
「RS 6アバント パフォーマンス」のインストゥルメントパネルまわり。

■2020年までの販売倍増を目指す

4ドアクーペのRS 7スポーツバック パフォーマンスと、ツーリングワゴンのRS 6アバント パフォーマンスのパワートレインには、従来型のRSと共通の4リッターV8 TFSIエンジンに8段ティプトロニックの組み合わせを採用。こちらも性能の強化が図られており、両車共にベースモデル比で45ps/5.1kgm向上の605ps/71.4kgmを発生する。さらに、短時間使用可能なオーバーブースト機能を備え、作動時は最大トルクが76.5kgmまで増強。これにより、0-100km/h加速も3.7秒まで短縮されるという。またRSとの差別化のため、21インチアルミホイールやミラーハウジングにマットチタンルックを取り入れている。

アウディ ジャパンの斉藤 徹代表取締役社長は、「『R8』とRSの販売は成長を見せており、昨年は約600台を販売した。今後、これらのスポーツモデルの販売を強化することで2020年には倍増を目指す」と意気込みを語り、サブブランド「アウディ スポーツ」の展開など、アウディの持つスポーツイメージを日本でも積極的にアピールしていく姿勢を見せた。

フラッグシップスポーツとなる新型R8は、アウディのサブブランドAudi sport店のみの取り扱いとなるが、RSパフォーマンスは他のRSモデルと同様に、全国のアウディ正規ディーラーで購入が可能だ。

価格は以下の通り。
・RS Q3パフォーマンス:818万円
・RS 6アバント パフォーマンス:1829万円
・RS 7スポーツバック パフォーマンス:1881万円

(文と写真=大音安弘)
 

関連記事
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.21 試乗記 アウディといえば四輪駆動のクワトロにとどめを刺すが、FFモデルも侮ってはいけない。「A4アバント2.0 TFSIスポーツ」に乗れば、透明で清涼感に満ちた新しいアウディが味わえる。「らしさ」が再定義されていることに気づくはずだ。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディA4アバント 2.0 TFSI クワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2012.6.27 試乗記 アウディA4アバント 2.0 TFSI クワトロ(4WD/7AT)
    ……653万円

    デザインや機能に変更が加えられた、アウディの基幹モデル「A4」。そのワゴンバージョン「アバント」の走りをリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
ホームへ戻る