アウディがRSを超える高性能モデルを日本導入

2016.07.05 自動車ニュース
「アウディRS Q3パフォーマンス」と、アウディ ジャパンの斉藤 徹代表取締役社長
「アウディRS Q3パフォーマンス」と、アウディ ジャパンの斉藤 徹代表取締役社長。

アウディ ジャパンは2016年7月5日、アウディの高性能スポーツモデル「RS」をベースに、さらに性能を向上させた「RSパフォーマンス」を設定し、8月下旬に発売すると発表した。今回日本に導入されるのは、「RS 7スポーツバック パフォーマンス」「RS 6アバント パフォーマンス」「RS Q3パフォーマンス」の3タイプ。

RS Q3パフォーマンス」
「RS Q3パフォーマンス」
「RS Q3パフォーマンス」の2.5リッター直5ターボエンジン。
「RS Q3パフォーマンス」の2.5リッター直5ターボエンジン。
マットチタンルックの20インチアロイホイール。
マットチタンルックの20インチアロイホイール。

■7モデルの「RS」の内、3モデルが「RSパフォーマンス」に

今回新たに設定されるRSパフォーマンスは、RSモデルと同様に、アウディのモータースポーツ活動をサポートするクワトロGmbHが開発に参画し、製造を行う。現在、日本では7モデルのRSが導入されているが、このうち3モデルがRSからRSパフォーマンスへと進化した形だ。

SUVであるRS Q3パフォーマンスは、2.5リッターの直列5気筒ターボエンジンにさらなるチューニングを行うことで、従来型より最高出力/最大トルクが27ps/1.5kgmアップの、367ps/47.4kgmに。結果、0-100km/h加速は0.4秒短縮し、4.4秒となった。最高速度も250km/hから270km/hまで高められているが、これはリミッターの作動速度となる。

エクステリアにも手が加えられており、各所に専用デザインのエアロパーツを装着。モールやルーフレール、20インチのアロイホイールなどにはマットチタンルックを取り入れている。また、インテリアにはバルコナレザーとパーフォレーテッドアルカンターラのコンビシートを含む「RSパフォーマンスデザインパッケージ」を設定するなどして、RSとの差別化が図られている。

「RS 7スポーツバック パフォーマンス」
「RS 7スポーツバック パフォーマンス」
「RS 7スポーツバック パフォーマンス」のインストゥルメントパネルまわり。
「RS 7スポーツバック パフォーマンス」のインストゥルメントパネルまわり。
「RS 6アバント パフォーマンス」
「RS 6アバント パフォーマンス」
「RS 6アバント パフォーマンス」のインストゥルメントパネルまわり。
「RS 6アバント パフォーマンス」のインストゥルメントパネルまわり。

■2020年までの販売倍増を目指す

4ドアクーペのRS 7スポーツバック パフォーマンスと、ツーリングワゴンのRS 6アバント パフォーマンスのパワートレインには、従来型のRSと共通の4リッターV8 TFSIエンジンに8段ティプトロニックの組み合わせを採用。こちらも性能の強化が図られており、両車共にベースモデル比で45ps/5.1kgm向上の605ps/71.4kgmを発生する。さらに、短時間使用可能なオーバーブースト機能を備え、作動時は最大トルクが76.5kgmまで増強。これにより、0-100km/h加速も3.7秒まで短縮されるという。またRSとの差別化のため、21インチアルミホイールやミラーハウジングにマットチタンルックを取り入れている。

アウディ ジャパンの斉藤 徹代表取締役社長は、「『R8』とRSの販売は成長を見せており、昨年は約600台を販売した。今後、これらのスポーツモデルの販売を強化することで2020年には倍増を目指す」と意気込みを語り、サブブランド「アウディ スポーツ」の展開など、アウディの持つスポーツイメージを日本でも積極的にアピールしていく姿勢を見せた。

フラッグシップスポーツとなる新型R8は、アウディのサブブランドAudi sport店のみの取り扱いとなるが、RSパフォーマンスは他のRSモデルと同様に、全国のアウディ正規ディーラーで購入が可能だ。

価格は以下の通り。
・RS Q3パフォーマンス:818万円
・RS 6アバント パフォーマンス:1829万円
・RS 7スポーツバック パフォーマンス:1881万円

(文と写真=大音安弘)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RS 6アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る