第457回:店内色分け、個室は廃止!
イタリアのFCAディーラー最新事情

2016.07.08 エッセイ

ブランドの区分けに「白黒つける」?

2016年春先のことである。地元シエナのFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の店をのぞいたら、いつもはたくさん並んでいる展示車が、まばらになっていた。 
早速知り合いのセールスマン、アンドレアに聞いてみると、
「店内をふたつに分けることにしたんだよ」という答えが返ってきた。改装である。

イタリア国内販売を統括するトリノからの運営指導らしい。
これまではというと、フィアット、ランチア、アルファ・ロメオ、そしてジープの計4ブランドが一堂に展示されていた。
その様子については、本エッセイの第277回をご覧いただこう。

「ふたつに分ける」を詳しく言うと、「プレミアムブランドのコーナーを独立させる」のだという。プレミアムブランドとは、ジープとアルファ・ロメオを指すらしい。
ショールームを真ん中からふたつに分けて、片方をアルファ・ロメオとジープ、残りをフィアットに充てるという。

すでに工事は始まっていて、ショールームの半分に黒い床や壁紙が施され始めていた。

2016年春先。フィアットの2代目「ティーポ 4ドア」がたたずむ、シエナのディーラー「スコッティ」。
2016年春先。フィアットの2代目「ティーポ 4ドア」がたたずむ、シエナのディーラー「スコッティ」。
スコッティの内部では、なにやら工事が始まっていた。
スコッティの内部では、なにやら工事が始まっていた。
ショールームの半分を区切ってプレミアムブランドのブース(写真奥)を作る、工事の様子。
ショールームの半分を区切ってプレミアムブランドのブース(写真奥)を作る、工事の様子。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。