【パリモーターショー2016】「ラ フェラーリ」のオープン仕様が登場

2016.07.06 自動車ニュース
フェラーリは「ラ フェラーリ」のオープントップ仕様を今秋発表する。
フェラーリは「ラ フェラーリ」のオープントップ仕様を今秋発表する。

伊フェラーリは「ラ フェラーリ」のオープントップ仕様をパリモーターショー2016(開催期間:2016年9月29日~10月16日)で発表する。

 
【パリモーターショー2016】「ラ フェラーリ」のオープン仕様が登場の画像
 
【パリモーターショー2016】「ラ フェラーリ」のオープン仕様が登場の画像

■クーペと同等の性能を目指す

このオープンモデルは、ラ フェラーリ(クーペ)と同様に、スペシャルシリーズとして限定生産されるもの。正式な車名や技術的な特徴は今秋開催のパリモーターショーで発表される予定だが、顧客への“事前発表”はすでに終えており、予定数は完売したとのこと。

ランニングギアもラ フェラーリのものを引き継ぎ、800psのV12エンジンと163psの電気モーターを搭載している。オープンカーの弱点ともいえるボディー剛性については、シャシーに広範囲な改良を加えることでクーペ並みを維持した。

ルーフにはカーボンファイバー製のハードトップと、ソフトトップが設定される。ルーフのないオープンボディーでもクーペと同等の空力性能を得るために、車両のエアロダイナミクスはさらに磨かれているという。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。