トヨタ・エスティマハイブリッド アエラス プレミアムG(4WD/CVT)/エスティマ アエラス プレミアムG(FF/CVT)

優美であるという価値 2016.07.11 試乗記 登場から10年以上の時を経て、3代目「トヨタ・エスティマ」に本格的な仕様変更が施された。大がかりなテコ入れで、ミニバンとしての使い勝手や走りは、どのように変化したのか? ガソリン車とハイブリッド車の2車種に試乗して確かめた。

気がつきゃ市場は様変わり

「天才タマゴ」が出現したのは1990年。四半世紀が経過し、日本のミニバン市場はすっかり様変わりした。未来型MPVという触れ込みだったトヨタ・エスティマは、現在では主流の地位から外れてしまった。スペース効率のいいハコ型全盛の中では、なめらかな曲面で構成されたスタイルは異端の趣がある。

2006年に登場した3代目が、11年目にしてマイナーチェンジを受けた。これまでにもたびたび小変更が施されてきたが、今回はエクステリアデザインを刷新する大がかりな手直しである。

見た目の違いはわかりやすい。フロントマスクは今風のトヨタ顔にアップデートされた。キーンルックと大きな開口部を持つグリルの採用により、「オーリス」「アクア」などと近縁性を感じさせるデザインに生まれ変わっている。空力を考慮するとフロントフェンダーはどのクルマでも同じような形状になってしまうが、苦労してオリジナルデザインにうまく融合させた。よく見ると、ボディーの至るところにエンジニアが「さかなクン」と呼ぶ小さなフィン形状の空力パーツが付け足されている。これが思いのほか大きな効果をもたらすらしい。

新色を採用したことに加え、トヨタのミニバン初となる2トーン仕様が新鮮だ。ルーフをブラックにすることで上下がくっきり分かれ、寸法の割に全高が低く見える効果がある。塗装作業は手間がかかる。まず本体部分を塗ってから数カ所に分けて広い面積にマスキングを施し、ブラック塗装を行っている。通常とは逆のやり方で、生産部門に無理を言って実現したそうだ。仕上がりのきれいさはドアを開けてボディーの内側まで見なければわからないが、おろそかにはしなかった。

ワンモーションフォルムが特徴のミニバン「トヨタ・エスティマ」。今回は、マイナーチェンジを受けて2016年6月に発売された最新型に試乗した。
ワンモーションフォルムが特徴のミニバン「トヨタ・エスティマ」。今回は、マイナーチェンジを受けて2016年6月に発売された最新型に試乗した。
マイナーチェンジにおける最大の変更点は、フロントデザイン。大開口のアンダーグリルや、バンパーサイドのデイライト機能付きLEDランプが目を引く。
マイナーチェンジにおける最大の変更点は、フロントデザイン。大開口のアンダーグリルや、バンパーサイドのデイライト機能付きLEDランプが目を引く。
リアコンビライトの側面には、走行安定性を高める流線形のフィンが設けられている。
リアコンビライトの側面には、走行安定性を高める流線形のフィンが設けられている。
ボディーカラーは全10色。うち3色は、車体上半分をブラックとしたツートンカラーとなる。
ボディーカラーは全10色。うち3色は、車体上半分をブラックとしたツートンカラーとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る