フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション(FF/6AT)

FFスポーツの新境地 2016.07.12 試乗記 “GTI”の誕生40周年を祝うアニバーサリーモデルとして、パフォーマンスを突き詰めた「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」が登場。専用の空力パーツや電子制御LSDで武装した、限定モデルの走りを試す。

走りを追求したアニバーサリーモデル

フォルクスワーゲン・ゴルフGTIをベースとするクラブスポーツとは、ゴルフGTIの生誕40周年を記念して“走りを特化させる”という目的で開発された限定GTIだ。
そのゴルフGTIクラブスポーツにはいくつかのバージョンがあるようで、日本法人の公式リリースによると、今回の「トラックエディション」はあくまで第1弾で、場合によっては、この後も別バージョンを“おかわり輸入”する可能性が示唆されている。

そんなゴルフGTIクラブスポーツの頂点は、日本未導入の「クラブスポーツS」となるだろう。この種のメーカー純正体育会系コンプリートカーに目がないエンスー筋は、そのクラブスポーツSが今年4月に、独ニュルブルクリンク北コースで“市販FF最速”のタイムをたたき出した……というニュースをすでにご承知のことと思う。

市販FF部門の現ニュル王者であるゴルフGTIクラブスポーツSは、3ドアをベースに、後席の省略やサブフレームのアルミ化、さらにはあえての6MT化やエアコンレス化で軽量化し、エンジンも今回のトラックエディションよりさらに強力な310ps/39.3kgmまでチューン。サスペンションも専用で、バネやダンパーはもちろんのこと、「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」タイヤを履いて、ブッシュまで専用の強化型という。すなわち、頂点の“S”は考えつくかぎりのフルメニューチューンといった風情だが、今回日本で販売されるトラックエディションは、残念ながら(?)そこまでカツカツではない。

「ポロ」や「ルポ」にも設定されている高性能グレード「GTI」は、1976年に初代「ゴルフ」に初めて設定された。
「ポロ」や「ルポ」にも設定されている高性能グレード「GTI」は、1976年に初代「ゴルフ」に初めて設定された。
インストゥルメントパネルまわりの仕様は、基本的には標準仕様の「GTI」と共通。ナビゲーションシステム機能付きのインフォテインメントシステム「Discover Pro」が標準装備となる。
インストゥルメントパネルまわりの仕様は、基本的には標準仕様の「GTI」と共通。ナビゲーションシステム機能付きのインフォテインメントシステム「Discover Pro」が標準装備となる。
ボディーカラーは「ピュアホワイト」と「カーボンスチールグレーメタリック」の2色。ルーフはともにブラックで塗り分けられる。
ボディーカラーは「ピュアホワイト」と「カーボンスチールグレーメタリック」の2色。ルーフはともにブラックで塗り分けられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る