「トヨタヴォクシー」の特別仕様車「ZS“煌II”」発売

2016.07.07 自動車ニュース
「トヨタ・ヴォクシーZS“煌II”」(ハイブリッド車)
「トヨタ・ヴォクシーZS“煌II”」(ハイブリッド車)

トヨタ自動車は2016年7月6日、箱型ミニバン「ヴォクシー」に特別仕様車「ZS“煌(きらめき)II”」を設定し、販売を開始した。

メッキと高輝度シルバーの装飾、ブラックメタリック塗装で仕立てられたフロントグリル。
メッキと高輝度シルバーの装飾、ブラックメタリック塗装で仕立てられたフロントグリル。
センタークラスターパネル(ピアノブラック
センタークラスターパネル(ピアノブラック)
「アイスチタニウムマイカメタリック」の「ヴォクシーZS“煌II”」(ハイブリッド車)。
「アイスチタニウムマイカメタリック」の「ヴォクシーZS“煌II”」(ハイブリッド車)。

「煌」シリーズは歴代ヴォクシーにたびたび設定されてきた特別仕様車で、メッキの装飾などでドレスアップされたエクステリアや、充実した装備を特徴としている。

今回のモデルの特別装備は以下の通り。
・フロントグリル:メッキ+ブラックメタリック塗装
・フロントグリルモール:高輝度シルバー
・アウトサイドドアハンドル/インサイドドアハンドル(フロント)/オート電動格納式リモコンドアミラー(サイドターンランプ+助手席側アスフェリカルミラー付き):メッキ
・バックドアガーニッシュ:ダークスモーク塗装(車名ロゴ入り)
・センタークラスターパネル/サイドレジスターベゼル:ピアノブラック
・マルチインフォメーションディスプレイフード:シルバー加飾
・ワンタッチスイッチ付きデュアルパワースライドドア
・スーパーUVカットグリーンガラス+はっ水機能付き(フロントドア)
・LEDフロントフォグランプ
・6スピーカー

ボディーカラーは「ブラック」と特別設定色の「アイスチタニウムマイカメタリック」、3万2400円の有償色である「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」の全4色。

価格は以下の通りとなっている。
・ガソリン車、FF、8人乗り:280万440円
・ガソリン車、FF、7人乗り:283万680円
・ガソリン車、4WD、8人乗り:299万4840円
・ガソリン車、4WD、7人乗り:302万5080円
・ハイブリッド車、FF、7人乗り:332万1000円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴォクシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る