「トヨタ・ノア」の特別仕様車「Si“W×B”」発売

2016.07.07 自動車ニュース
「トヨタ・ノアSi“W×B”」(ハイブリッド車)
「トヨタ・ノアSi“W×B”」(ハイブリッド車)

トヨタ自動車は2016年7月6日、箱型ミニバン「ノア」に特別仕様車「Si“W×B(ダブルバイビー)”」を設定し、販売を開始した。

ノアSi“W×B”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ノアSi“W×B”」のインストゥルメントパネルまわり。
インテリアでは、ピラーや天井まわりもブラックとなっている。
インテリアでは、ピラーや天井まわりもブラックとなっている。
シートに施されたホワイトステッチ。
シートに施されたホワイトステッチ。
特別設定色の「アイスチタニウムマイカメタリック」。
特別設定色の「アイスチタニウムマイカメタリック」。

ベース車は上級グレード「Si」のガソリン車、およびハイブリッド車で、インテリアについてはダッシュボードやドアパネルだけではなく、ピラーやルーフまでブラックで統一。ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用コンビシートには、ホワイトのステッチを施している。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・インテリアカラー:ブラック×ブラック(特別設定)
・専用シート表皮(合成皮革+ファブリック&ホワイトステッチ/消臭機能付き)
・フロントグリル(ベース部)/LEDヘッドランプ/LEDクリアランスランプ:ブラック塗装
・フロントグリルモール:ダークメッキ
・フロントフードモール/フロントバンパーロアモール/バックドアガーニッシュ:スモークメッキ
・フロントフォグランプ:スモークメッキベゼル
・アウトサイドドアハンドル/インサイドドアハンドル(フロント):メッキ
・センタークラスターパネル/サイドレジスターベゼル/マルチインフォメーションディスプレイフード:ピアノブラック
・ワンタッチスイッチ付きデュアルパワースライドドア
・クルーズコントロール
・専用エンブレム(ハイボスカル製)

ボディーカラーは「ブラック」「ダークバイオレットマイカメタリック」に、特別設定色の「アイスチタニウムマイカメタリック」および3万2400円の有償色である「ホワイトパールクリスタルシャイン」を加えた全4色を用意している。

価格は以下の通り。
・ガソリン車、FF、8人乗り:280万440円
・ガソリン車、FF、7人乗り:283万680円
・ガソリン車、4WD、8人乗り:299万4840円
・ガソリン車、4WD、7人乗り:302万5080円
・ハイブリッド車、FF、7人乗り:332万1000円

(webCG)
 

関連キーワード:
ノアトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 トヨタが新たに展開するコンプリートカー「GR」シリーズにサーキットで試乗。前編に続いては、ミニバンからセダン、SUVに至るまで、多くの車種で展開されるスポーツモデル“GRスポーツ”の走りを、モデルごとに報告する。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年9月26日、「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」を発売した。SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランス、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたクロスオーバーモデルである。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【レビュー】 2017.10.5 試乗記 アウディスポーツが手がけた「アウディTT」シリーズのフラッグシップモデル「TT RS」。400psを誇り、0-100km/h加速をわずか3.7秒でこなす“リトルスーパースポーツ”の実力をサーキットで試した。
ホームへ戻る