キャデラックATS-Vセダン スペックB(FR/8AT)

男前なキャデラック 2016.07.13 試乗記 470psの3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載するコンパクトキャデラック、「ATS-V」に試乗。キャディとてSUVが人気のこの時代、ど真ん中のセダンで勝負するこのコンパクトモンスターは、とびきり男前な一台といえるかもしれない。

キャデラックのM3

最もコンパクトなキャデラックに加わった高性能モデルが、ATS-Vである。
おさらいすると、2012年に登場したFRのコンパクトセダンが「ATS」だ。あとから2ドアクーペも加わった。キャデラックブランドの裾野を広げ、ドイツ車と日本車にやられ放題の国内マーケットに斬り込むために開発された最小キャデラックで、ベンチマークは「BMW 320i」と公言してはばからなかった。

日本仕様は276psの2リッター4気筒ターボだが、本国には以前から2.5リッター4気筒や3.6リッターV6が存在した。その直噴3.6リッターユニットにチタン製ブレードのターボチャージャー2基を組み込んだのがVの心臓だ。470psのスーパーパワーを誇る。ひとことでいえば、キャデラックの「M3」である。

しかし、白のボディーカラーのせいか、試乗車の第一印象はむしろ控えめに見えた。18インチのアルミ鍛造ホイールからのぞく赤いブレンボ製ブレーキキャリパーや、カーボンの整流板や、4本出しマフラーなど、細部にすごみは漏れ出すものの、「コルベットZ51」よりパワフルな超ド級セダンには見えない。真横からリアドアのあたりを眺めていると、「クラウンアスリート」かなと思う。ちなみに、ボディー全長はクラウンより20cmも短い。コンパクトさはATS-Vの魅力のひとつである。

「ATS-V」には標準的な「スペックA」(990万円)と、カーボンのエアロパーツなどがおごられた「スペックB」(1090万円)がある。試乗したのは後者。
「ATS-V」には標準的な「スペックA」(990万円)と、カーボンのエアロパーツなどがおごられた「スペックB」(1090万円)がある。試乗したのは後者。
3.6リッターV6ツインターボユニットは470ps/5800rpmと61.5kgm(603Nm)/3500rpmを発する。
3.6リッターV6ツインターボユニットは470ps/5800rpmと61.5kgm(603Nm)/3500rpmを発する。
黒で統一されたインテリア。カーボンのインテリアトリムがスポーティーさを強調する。
黒で統一されたインテリア。カーボンのインテリアトリムがスポーティーさを強調する。
ボディーのスリーサイズは4700×1835×1415mm。試乗車のボディーカラーはクリスタルホワイトトゥリコート。
ボディーのスリーサイズは4700×1835×1415mm。試乗車のボディーカラーはクリスタルホワイトトゥリコート。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る