スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)/レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)

いいものをコツコツと 2016.07.14 試乗記 STIが手がけた、「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場した「STI」の実力を試す。
グリルを飾るSTIのバッジ。「STI Sport」は、既存の「tuned by STI」や「tS」とは異なり、台数限定のコンプリートカーとしてではなく通常のカタログモデルとして販売される。
グリルを飾るSTIのバッジ。「STI Sport」は、既存の「tuned by STI」や「tS」とは異なり、台数限定のコンプリートカーとしてではなく通常のカタログモデルとして販売される。
「1.6STI Sport EyeSight」のインテリア。ステアリングホイールやメーター、ヘッドレストなど、各所に「STI」のロゴが施されている。
「1.6STI Sport EyeSight」のインテリア。ステアリングホイールやメーター、ヘッドレストなど、各所に「STI」のロゴが施されている。
エンジンに関しては標準車からの変更はなく、1.6リッターターボでは170ps、2リッターターボでは300psの最高出力を発生する。
エンジンに関しては標準車からの変更はなく、1.6リッターターボでは170ps、2リッターターボでは300psの最高出力を発生する。
走りに関しては足まわりのチューニングが他のグレードとの大きな違い。フロントには可変減衰力ダンパーが装備される。写真は「1.6STI Sport EyeSight」。
走りに関しては足まわりのチューニングが他のグレードとの大きな違い。フロントには可変減衰力ダンパーが装備される。写真は「1.6STI Sport EyeSight」。

乗りやすさなら1.6、ぶっ飛ばすなら2.0

STIといえば、スバルのAMGでありMである。であれば、メルセデスにAMGパッケージが、BMWにMスポーツパッケージがあるように、スバルにもSTIパッケージがあってもよいのでないか。ということに社内だか外部だか、どこかの誰かが気づいた。で、レヴォーグを手始めにSTI Sportのグレード名でSTIがこれを開発し、「レガシィ」そのほかについても商品化することを検討しているという。その場合、「tS」シリーズと統合することになるのは、開発キャパの問題もあるのだろう。

かくして誕生したレヴォーグSTI Sportには1.6リッターと2リッターがある。どちらも基本的に同じ見た目で、同じ装備。どちらも同じビルシュタインの専用ダンパーを前後に備えている。ハンドリングはいずれも第一級だけれど、普通に乗るのなら1.6の方が乗りやすい。排気量1.6リッターながら、最高出力170ps、最大トルク25.5kgmをナチュラルに紡ぎ出している。乗り心地は速度が上がるにつれ、まことにしなやかに路面に対応し始める。

2.0は300psと40.8kgmの爆発的パワー&トルクをドライバーに意識させる味付けで、アクセルに対する反応がオーバーブースト気味のように思える。ためらうことなかれ。一気にガバチョと踏み込めば気にならない。「SIドライブ」を最もスポーティーな設定の「S♯」にしてガンガンぶっ飛ばす、真性の飛ばし屋向きだ。ぢゃないと、ちょっとモッタイナイ。

内装では日本車としては珍しいボルドー色の本革シートが自慢だ。一見平板で、実際に座っても硬くてお尻が痛いくらいだけれど、だからこそロングドライブでも疲れない、と開発担当者は胸を張る。おそらくそうなのでしょう。外装では、エアロパーツ一式に加え、「WRブルー・パール」と名付けられたラリー参戦時を思わせるボディー色の用意もある。

価格は1.6が348万8400円、2.0が394万2000円と、輸入車のホットハッチ並みだ。ワークスのチューンドカーであることを思えば、お値打ちというべきだろう。STIはスバルWRCの栄光の歴史とともにある。STI Sportは海外での方がジマンになるかもしれない。

ニッポンはすでにいいモノをコツコツつくって高く売るステージにまで国が成熟してきている。だからこそ出てきた最上級グレードなのである。単なる思いつきですが、ワビサビ、禅的な内外装のスペシャルを出したらウケるのではないでしょうか。

(文=今尾直樹/写真=田村 弥)

「スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight
「スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight」
「スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight
「スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight」

【スペック】
レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight
全長×全幅×全高=4690×1780×1490mm/ホイールベース=2650mm/車重=1550kg/駆動方式=4WD/エンジン=1.6リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ(170ps/4800-5600rpm、25.5kgm/1800-4800rpm)/トランスミッション=CVT/燃費=16.0km/リッター/価格=348万8400円

レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight
全長×全幅×全高=4690×1780×1490mm/ホイールベース=2650mm/車重=1560kg/駆動方式=4WD/エンジン=2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ(300ps/5600rpm、40.8kgm/2000-4800rpm)/トランスミッション=CVT/燃費=13.2km/リッター/価格=394万2000円

関連記事
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【レビュー】
    2016.7.14 試乗記 STIが手がけた、スポーツワゴン「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場したSTIの実力を試す。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2014.8.6 試乗記 リアルスポーツカーとグランドツーリングカーの融合を目指して開発された、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。実際に乗ってみたら、どうなのか? 最もパワフルかつスポーティーなグレードで試した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ホンダのFCV「クラリティ フューエルセル」がタクシーに 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、セダンタイプのFCV「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を、同年6月末をめどに開始すると発表した。
ホームへ戻る