「スバル・フォレスター」にブラウン内装の特別仕様車が登場

2016.07.11 自動車ニュース
「スバル・フォレスター2.0XT EyeSightブラウンレザーセレクション
「スバル・フォレスター2.0XT EyeSightブラウンレザーセレクション」

富士重工業は2016年7月11日、SUV「フォレスター」に特別仕様車「ブラウンレザーセレクション」を設定し、販売を開始した。

2.0XT EyeSightブラウンレザーセレクションのインストゥルメントパネルまわり。
「2.0XT EyeSightブラウンレザーセレクション」のインストゥルメントパネルまわり。
高触感本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)+ステアリングヒーター
高触感本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)+ステアリングヒーター
ブラウンレザーシート
ブラウンレザーシート
「S-Limitedブラウンレザーセレクション
「S-Limitedブラウンレザーセレクション」

フォレスター ブラウンレザーセレクションは、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第2弾。「S-Limited」と「2.0XT EyeSight」をベースにした2モデルが設定される。

特徴はインテリアにあり、本革シートをはじめ、各所をブラウンのカラーリングでコーディネート。装備も充実しており、スバル車としてはこれが初となるステアリングヒーターや、パワーリアゲート、オートハイビームや後側方警戒支援システムからなる「アドバンスドセイフティパッケージ」を標準で備えている。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・高触感本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)+ステアリングヒーター
・インストゥルメントパネルセンターバイザー(レザー調素材巻き+シルバーステッチ)
・前席カップホルダー(2個、メッキリング付き)
・リアシートセンターアームレスト(ピアノブラック調加飾+シルバーフレームカップホルダー付き)
・パワーリアゲート
・ブラウンレザーシート(アイボリーステッチ)
・センタートレイ&ドアグリップ加飾(ブラウン合成皮革巻き+アイボリーステッチ+シルバー塗装)
・ドアトリム(ブラウン合成皮革+アイボリーステッチ)
・ドアスイッチパネル(ピアノブラック調加飾+シルバーフレーム)
・ドアアームレスト&スライド機構付きコンソールリッド(ブラウン合成皮革+アイボリーステッチ)
・アドバンスドセイフティパッケージ〈「2.0XT EyeSight」は標準装備〉

価格は以下の通り。
・S-Limitedブラウンレザーセレクション:313万2000円
・2.0XT EyeSightブラウンレザーセレクション:331万2360円

(webCG)
 

関連キーワード:
フォレスタースバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る