日産、2017年モデルの「GT-R」を発売

2016.07.11 自動車ニュース
「日産GT-R」(2017年モデル)
「日産GT-R」(2017年モデル)

日産自動車は2016年7月11日、ハイパフォーマンスカー「GT-R」の2017年モデルを、同年7月27日に発売すると発表した。

 
日産、2017年モデルの「GT-R」を発売の画像
インテリアの様子。ダッシュボードは、高級なナッパレザーで仕立てられている。
インテリアの様子。ダッシュボードは、高級なナッパレザーで仕立てられている。
ITコマンダー
ITコマンダー

最高出力570psを発生する、3.8リッターV6ツインターボエンジン


	最高出力570psを発生する、3.8リッターV6ツインターボエンジン。
 
日産、2017年モデルの「GT-R」を発売の画像

■全方位的に進化

既報の通り、従来の年次改良よりも大幅な仕様変更が施された日産GT-Rの2017年モデルが、今夏国内で発売される。

最新型では、新デザインのグリルやバンパー、サイドシル、リアディフューザーが与えられるなど、フロントからリアに至るまでエクステリアデザインを変更。スポーティーさの演出だけでなく、空気抵抗、ダウンフォース、冷却性能を高次元でバランスさせたとアピールされる。

インテリアは、コックピットまわりを水平基調のデザインとしつつ、メーターからセンターコンソールにかけては、ドライバーを包み込むようなレイアウトに。インストゥルメントパネルには、一枚革のナッパレザーがおごられる。
カーナビのディスプレイは7インチから8インチに拡大。カーボン製のセンターコンソール上には、モニター上の設定・操作を手元で行うことができる「ITコマンダー」が配置される。シフトパドルがステアリングコラム固定式からステアリングホイール固定タイプに変更されたのも新しい。

3.8リッターV6ツインターボエンジンは、「GT-R NISMO」の技術を生かした気筒別点火時期制御の採用などにより、一段とパワーアップ。最高出力570ps/6800rpm、最大トルク65.0kgm/3300-5800rpmを発生する。改良型6段デュアルクラッチトランスミッションとの組み合わせにより、中速~高速域においてスムーズな加速を実現するという。

リファインされたサスペンションや新デザインの20インチY字スポーク鍛造アルミホイールの効果で、タイヤの接地性もアップ。高速走行時の安定性が向上したとうたわれる。その一方で、吸音材・遮音構造の徹底的な見直しにより、室内におけるロードノイズや風切音は大幅に低減された。

GT-R 2017年モデルのラインナップと価格は、以下の通り。
・ピュアエディション:996万840円
・ブラックエディション:1186万9200円
・プレミアムエディション:1170万5040円

これらに加えて、「GT-R NISMO」のボディー剛性と足まわりを融合させた特別なグレード「トラックエディション engineered by nismo」も、引き続き設定される。その発売日と価格は、後日明らかにされる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • 【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表 2017.2.17 自動車ニュース 伊フェラーリは2017年2月16日、ジュネーブショー2017(開催期間:3月7日~3月19日)で「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開すると発表した。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.2.17 画像・写真 フェラーリは2017年3月7日に開幕するジュネーブショー2017で、フラッグシップモデル「812スーパーファスト」を発表する。800psと73.2kgmを生み出す6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、340km/hの最高速を誇る。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る