トヨタ86 G(FR/6MT)/86 GT“リミテッド”(FR/6AT)/86 GTプロトタイプ<ブレンボブレーキ装着車>(FR/6MT)

多くのひとに乗ってほしい 2016.07.16 試乗記 デビューから4年。FRスポーツカー「トヨタ86」のエンジンや足まわり、デザインに手が加えられた。「車両の性格をより走りに特化させた」というマイナーチェンジの効果やいかに? さまざまなグレードで、その仕上がりを確かめた。

空力性能にこだわり

どっちが“元祖”でどっちが“本家”なのかを詮索(せんさく)するとややこしいことになりそうなのでやめておくが、スバルが「BRZ」のビッグマイナーチェンジを発表したその直後に、トヨタも新しい86(ハチロク)を発表した。今回の仕様変更ではトヨタとしてもスバルとは異なる独自の手を加えたようで、気合を込めて、彼らは新型ハチロクを“後期型”と呼ぶことにしたらしい。

エンジンは、インテークマニホールドやエキゾーストマニホールドの吸排気抵抗を低減した結果、6段MTモデルに限られるものの、最高出力が7psアップの207ps/7000rpmに。最大トルクは、0.7kgmアップの21.6kgm/6400-6800rpmとなった。

またシャシーはV字のフロントタワーバーが集合するバルクヘッド部分のブラケットおよびミッションマウントブラケットを改良。リアホイールアーチ内部には「リアエプロンアウター」と呼ばれる補強部材を取り付け、リアピラーのスポットも増やして剛性アップを図っている。
駆動系ではトルセンLSDのファイナルギアを4.1から4.3へ変更し(6段MT)、ピックアップ性能をより高めた。

ハチロクで「BRZとは違う」と主張されるのは、最近トヨタが精力的に展開している空力性能の向上だ。リアにちょこんと付いたスポイラーこそBRZの「GT」と共通のようだが、新意匠のフロントバンパーにはノーズフィン、フォグランプベゼルフィン、カナードが組み込まれた。またフェンダーには、これまで鎮座していた86オーナメントをその下に追いやってガーニッシュを配置。さらにマニアックなところでは、フロントガラスの取り付け面や各部にこっそり貼り付けられた電極材によって、車体に通電する電子の流れを適正化。これが空気の剥離(はくり)を防ぎ、整流効果を高めるのだという。

大幅に仕様変更された“後期型”の「トヨタ86(ハチロク)」は、2016年7月にデビュー。翌8月に発売される。
大幅に仕様変更された“後期型”の「トヨタ86(ハチロク)」は、2016年7月にデビュー。翌8月に発売される。
エンジンは、MT車限定ながら、吸排気系を変更。最高出力は7ps、最大トルクは0.7kgmアップした。
エンジンは、MT車限定ながら、吸排気系を変更。最高出力は7ps、最大トルクは0.7kgmアップした。
マイナーチェンジを機に、ノーズフィンやフォグランプベゼルフィンが与えられたフロントまわり。全車、Bi-Beam LEDヘッドランプが備わる。
マイナーチェンジを機に、ノーズフィンやフォグランプベゼルフィンが与えられたフロントまわり。全車、Bi-Beam LEDヘッドランプが備わる。
これまでピストンを模したオーナメントが据えられていたフェンダー上部のパネルは、空力性能に配慮したフェンダーガーニッシュに変更された。
これまでピストンを模したオーナメントが据えられていたフェンダー上部のパネルは、空力性能に配慮したフェンダーガーニッシュに変更された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

86の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • トヨタ86 G/86 GT“リミテッド”/86 GT(ブレンボブレーキ装着車)【試乗記】 2016.7.16 試乗記 デビューから4年。FRスポーツカー「トヨタ86」のエンジンや足まわり、デザインに手が加えられた。「車両の性格をより走りに特化させた」というマイナーチェンジの効果やいかに? さまざまなグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る