クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)

目からウロコが落ちる 2016.07.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。

満を持しての登場

BMWブランドのディーゼル化計画をほぼ終えたBMWの日本法人は、いよいよMINIのディーゼル化に本格的にカジを切ったようである。
もっとも、MINIのディーゼルはこれが初出ではなく、2014年秋に「クロスオーバー」と「ペースマン」(というミドル系プラットフォーム車)にディーゼルを追加。それらは今も現役機種であり、クロスオーバーのディーゼルにいたっては同車全体の7~8割という販売比率を占めるんだとか。ただ、クロスオーバーもペースマンも、いってみればイロモノ担当。というわけで、これまでのMINIはさすがに本格的なディーゼル時代到来……とまではいえなかった。

まあ、MINIのディーゼル化がBMWより一歩遅れたのはいくつかの理由があろう。
純粋な手間ヒマの問題やイメージ戦略から、あえてBMWを先行させたという側面もあろうし、BMWのディーゼル戦略が本格化した2014年当時はMINIの基準モデルである3ドア/5ドアハッチバックそのものが、ちょうど世代交代の時期であったのも無関係ではあるまい。さらに、その直後にBMWのディーゼルエンジン本体も世代交代期となり、ドンピシャの導入時期がなかなか見つからなかったのは事実だろう。そして、例のフォルクスワーゲンのディーゼル排ガス問題も、MINIのディーゼル導入時期に微妙な影響をもたらしたことも想像にかたくない。

ただ、その結果として、MINIの主力ディーゼルは、こうして満を持しまくった(?)状態で上陸することとなった。よって、今回は出し惜しみ感がまったくない。「3ドア」「5ドア」「クラブマン」というMINIのメインストリーマー全機種に、それぞれ「クーパーD」と「クーパーSD」の2機種ずつを用意することになった。

2リッター直4ディーゼルエンジンを搭載した「MINIクーパーSD 3ドア」。日本では2016年4月に発売された。
2リッター直4ディーゼルエンジンを搭載した「MINIクーパーSD 3ドア」。日本では2016年4月に発売された。 拡大
テスト車のインテリアには、オプションで用意されるピアノブラックの装飾パネルが用いられていた。
テスト車のインテリアには、オプションで用意されるピアノブラックの装飾パネルが用いられていた。 拡大
オプション装備のスポーツシート。背もたれの上部に施されたパンチング加工が特徴となっている。
オプション装備のスポーツシート。背もたれの上部に施されたパンチング加工が特徴となっている。 拡大
2016年4月に発表された6モデルの追加設定により、日本でラインナップされるMINIのディーゼル車は、全10モデルとなった。
2016年4月に発表された6モデルの追加設定により、日本でラインナップされるMINIのディーゼル車は、全10モデルとなった。 拡大

これで遅いはずがない

新世代MINIに搭載されたディーゼルは、そのエンジン本体もクロスオーバー/ペースマンのそれとは別物のBMWとMINI共通の新世代ユニットとなる。ガソリン同様の1気筒あたり約500ccとなる例のモジュール設計の3/4気筒である。で、安価なクーパーDに積まれる新たなベーシックディーゼルは1.5リッター3気筒、高出力のクーパーSDが2リッター4気筒となる。

新世代の3気筒ディーゼルはクロスオーバー/ペースマンに積まれている従来世代のクーパーDの2リッターより、0.5リッター小さい排気量から同等以上のパワー/トルクを発生する。
対するクーパーSDのほうも、その車名のとおり、現在のクーパーSDクロスオーバーに積まれる2リッターの後継機種という位置づけなのだが、驚くのはそのスペックである。
従来世代のクーパーSDの最高出力/最大トルクが143ps/31.1kgmなのに対して、この新世代クーパーSDのそれは170ps/36.7kgm。数値上は従来世代比で約2割増し! 基本的に同じエンジンを積むBMWブランドの表記に従うと、そのチューンレベルは「18d」と「20d」の中間、さしずめ「19d」といったところだ。さらに、その絶対的な最大トルク値は、ガソリンエンジンで3.5リッター相当。従来型のBMWディーゼルでいうと「523d」にもせまろうかという高い水準にある。

今回連れ出したMINIクーパーSD 3ドアは、すでに「BMW 1シリーズ」や「3シリーズ」も軽々と走らせている新世代ディーゼルエンジンを、1.3トンに満たないコンパクトカーに積んでいる。今回登場したMINIの新世代ディーゼルモデルのなかでも、パワーウェイトレシオおよびトルクウェイトレシオは、当然のごとくトップである。まったく普通に考えて、遅いはずがない。

「3ドア」「5ドア」「クラブマン」のディーゼルモデルには、既存の「ペースマン」「クロスオーバー」とは異なる新世代のディーゼルエンジンが搭載される。
「3ドア」「5ドア」「クラブマン」のディーゼルモデルには、既存の「ペースマン」「クロスオーバー」とは異なる新世代のディーゼルエンジンが搭載される。 拡大
「クーパーSD 3ドア」の2リッター直4ディーゼルターボエンジン。最高出力170ps/4000rpm、最大トルク36.7kgm/1500-2750rpmを発生する。
「クーパーSD 3ドア」の2リッター直4ディーゼルターボエンジン。最高出力170ps/4000rpm、最大トルク36.7kgm/1500-2750rpmを発生する。 拡大
今回日本に導入されたのは「クーパーD」「クーパーSD」の2グレードのみ。最高出力95psのベーシックモデル「ONE D」の設定はない。
今回日本に導入されたのは「クーパーD」「クーパーSD」の2グレードのみ。最高出力95psのベーシックモデル「ONE D」の設定はない。 拡大
荷室についてはガソリン車から大きな変更はない。後席は6:4の分割可倒式となっている。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
荷室についてはガソリン車から大きな変更はない。後席は6:4の分割可倒式となっている。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます) 拡大

濃密なドライブフィールを味わえる

いや、実際のクーパーSD 3ドアは、遅いはずがない……どころか、ちょっと驚くほど速い。欧州で公表される動力性能データ(ともに6ATの場合)によれば、あの「クーパーS」(ガソリン)の0-100km/h加速が6.7秒で最高速が233km/hなのに対して、クーパーSDのそれは7.2秒で225km/h。実質的には互角だ。

ただ、体感的な味わいとしての速さや迫力では、ある意味でクーパーSより上かもしれない。スロットルを踏み込んだときの加速レスポンスをあえて擬音化すると、クーパーSが“ギュイーンッ!”なら、このクーパーSDは“ドーンッ!”という感じ。いかにもズ太いキックを繰り出す。

また、ディーゼルらしく右足にネットリと粘りつくように吹け上がり、ジワーッと踏むとグワーッとトルクが湧き出るように力強い。エンジンブレーキのトルク感(?)もいかにも太く、運転している実感と一体感はガソリンより濃密だ。

静粛性や洗練性も明らかに進化している。アイドリングやアイドルストップ作動時こそディーゼルっぽさは明白であるものの、きっちりと回っている間の震動は本当に少ない。
走行モードを統合的に切り替える「MINIドライビングモード」(オプション)をスポーツモードにしてレバーを横に倒すと、6ATは完全なマニュアル変速となり、リミットの5200rpmまできっちりと使えるようになる。

この新世代4気筒ディーゼルは5200rpmまで驚くほど滑らかに回り切るが、正直いって、そんなトップエンドを使う意味はない。実質的なパワーは3000rpmくらいでアタマ打ちとなり、4500rpmあたりから強制的にトルクが絞られていく。よって、山坂道でも、ガソリンより1~2速高いギアを使いながら、2000~3000rpmくらいでハミングさせながら走ったほうが、ラクだし速い。ガソリンの常識がまだ体にこびりついている身には、このディーゼルの常識がとても新鮮で楽しい。

富士山麓のワインディングロードを行く「クーパーSD 3ドア」。同じ「クーパーSD」でも、「3ドア」と「5ドア」には最高出力170psの、「クラブマン」には190psのエンジンが搭載される。
富士山麓のワインディングロードを行く「クーパーSD 3ドア」。同じ「クーパーSD」でも、「3ドア」と「5ドア」には最高出力170psの、「クラブマン」には190psのエンジンが搭載される。 拡大

「3ドア」と「5ドア」のトランスミッションは6段AT。「クラブマン」では8段ATとなる。これは「クーパーD」でも「クーパーSD」でも変わらない。


	「3ドア」と「5ドア」のトランスミッションは6段AT。「クラブマン」では8段ATとなる。これは「クーパーD」でも「クーパーSD」でも変わらない。
	拡大

「MINIドライビングモード」のコントローラー。シフトセレクター基部のツマミを左右に動かすことで、走行モードを切り替える。


	「MINIドライビングモード」のコントローラー。シフトセレクター基部のツマミを左右に動かすことで、走行モードを切り替える。
	拡大
「クーパーSD 3ドア」のエンジン回転計。レッドゾーンは5000rpmを超えたあたりからと、ガソリン車の「クーパーS」より1000rpmほど低く設定されている。
「クーパーSD 3ドア」のエンジン回転計。レッドゾーンは5000rpmを超えたあたりからと、ガソリン車の「クーパーS」より1000rpmほど低く設定されている。 拡大

まさしく“ディーゼルホットハッチ”

この新クーパーSDエンジンは、従来型クーパーSDとは別次元にパワフルで洗練されたスポーツディーゼルである。いやホント、ちょっと感動的に気持ちいいエンジンだ。

ところで、今回の試乗車にオプション装着されていた「JOHN COOPER WORKSパッケージ」(以下、JCWパッケージ)には、固定減衰のスポーツサスペンションと非ランフラットの17インチタイヤも含まれている。
私もこれまで、クーパー、クーパーS、ジョンクーパーワークス……と、現行MINIのホットグレードは何台か試乗したし、可変ダンパーやタイヤサイズなどのバリエーションもいくつか経験した。そのうえで、シャシーの味わいについては、今回のJCWパッケージが、今までで一番ツボにハマったことを告白しておく。

もっとも、今回と同じ個体を試乗会で乗った高平高輝さんは、以前「過剰演出ぎみで……オジサンには気疲れするだけ」と書かれていた。なるほどエンジン(=ノーズ)の重さに起因するとおぼしきドシッとしたパワステは人によってはわずらわしく感じるだろうが、乗り心地はパリッと小気味いいのに硬すぎず、ステアリングフィールはすっきり鮮明。路面不整にいい意味で鈍感な直進性をもち、荷重移動に喜々として応えてくれる回頭性を見せたかと思えば、高速コーナーでは低く構えてベタッと張りつくグリップ感……と、オールラウンドに楽しむホットハッチとしては、この固定減衰スポーツサスと非ランフラット17インチの組み合わせは、現行MINIでベストのシャシーだと思った。
ディーゼルに興味がない向きも、MINIに本格ホットハッチの味を望むなら、JCWパッケージは候補に入れたほうがいい。

景色が早送りで流れるスプリントのペースで走っても、エンジンは鼻歌まじりにジョギングしているだけ……。すでに日本のクルマ好きにもディーゼルの魅力はかなり浸透しているはずだが、その絶対的な速さと、ガソリンとは明確にちがう速さの“質”において、この3ドアクーパーSDはまた新しい世界を見せてくれた感がある。
これまでも欧州やマツダのディーゼルを引き合いに出して「ディーゼルでもスポーツモデルはありえる」などとしたり顔をしていた私だが、新クーパーSDエンジンと軽量コンパクトな車体を組み合わせたこの3ドアクーパーSDこそ、まさしく目からウロコが落ちる“本物のディーゼルホットハッチ”なのだぁ……と断言してみたい。

(文=佐野弘宗/写真=郡大二郎)

テスト車には専用の空力パーツや17インチサイズのホイールとタイヤ、「MINIドライビングモード」などをセットにした「JOHN COOPER WORKSパッケージ」が採用されていた。
テスト車には専用の空力パーツや17インチサイズのホイールとタイヤ、「MINIドライビングモード」などをセットにした「JOHN COOPER WORKSパッケージ」が採用されていた。 拡大
タイヤサイズは205/45R17。ブラックで塗装されたダブル5スポークのアルミホイールと組み合わされる。
タイヤサイズは205/45R17。ブラックで塗装されたダブル5スポークのアルミホイールと組み合わされる。 拡大
JOHN COOPER WORKSパッケージ」に含まれる、大型のテールゲートスポイラー。
「JOHN COOPER WORKSパッケージ」に含まれる、大型のテールゲートスポイラー。 拡大
「クーパーS 3ドア」(6AT仕様)の燃費が17.6km/リッターなのに対し、「クーパーSD 3ドア」は23.8km/リッターとなっている(ともにJC08モード)。
「クーパーS 3ドア」(6AT仕様)の燃費が17.6km/リッターなのに対し、「クーパーSD 3ドア」は23.8km/リッターとなっている(ともにJC08モード)。 拡大
多彩なボディーカラーは車種を問わない「MINI」の魅力。テスト車には「ボルカニック・オレンジ・ソリッド」が用いられていた。
多彩なボディーカラーは車種を問わない「MINI」の魅力。テスト車には「ボルカニック・オレンジ・ソリッド」が用いられていた。 拡大

テスト車のデータ

MINIクーパーSD 3ドア

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3860×1725×1430mm
ホイールベース:2495mm
車重:1290kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:170ps(125kW)/4000rpm
最大トルク:36.7kgm(360Nm)/1500-2750rpm
タイヤ:(前)205/45R17 88W/(後)205/45R17 88W(ダンロップSP SPORT MAXX RT)
燃費:23.8km/リッター(JC08モード)
価格:364万円/テスト車=476万6000円
オプション装備:レザー クロス・パンチ カーボンブラック<スポーツシート>(26万8000円)/JOHN COOPER WORKSパッケージ(29万5000円)/リアビューカメラ(4万6000円)/ブラックボンネットストライプ(1万7000円)/インテリアサーフェス ピアノブラック(1万5000円)/アームレスト<フロント>(2万4000円)/ドライビングアシスト アクティブクルーズコントロール(11万4000円)/アダプティブLEDヘッドライト(2万7000円)/レインセンサー<自動ドライビングライト>(1万6000円)/ヘッドアップディスプレイ(5万8000円)/ハーマンカードン製HiFiラウドスピーカーシステム(12万3000円)/パーキングアシストパッケージ<PDCフロント&リア含む>(12万3000円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:1434km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:463.6km
使用燃料:34.2リッター(軽油)
参考燃費:13.6km/リッター(満タン法)/15.1km/リッター(車載燃費計計測値)
 

MINIクーパーSD 3ドア
MINIクーパーSD 3ドア 拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事