MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)

目からウロコが落ちる 2016.07.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。

満を持しての登場

BMWブランドのディーゼル化計画をほぼ終えたBMWの日本法人は、いよいよMINIのディーゼル化に本格的にカジを切ったようである。
もっとも、MINIのディーゼルはこれが初出ではなく、2014年秋に「クロスオーバー」と「ペースマン」(というミドル系プラットフォーム車)にディーゼルを追加。それらは今も現役機種であり、クロスオーバーのディーゼルにいたっては同車全体の7~8割という販売比率を占めるんだとか。ただ、クロスオーバーもペースマンも、いってみればイロモノ担当。というわけで、これまでのMINIはさすがに本格的なディーゼル時代到来……とまではいえなかった。

まあ、MINIのディーゼル化がBMWより一歩遅れたのはいくつかの理由があろう。
純粋な手間ヒマの問題やイメージ戦略から、あえてBMWを先行させたという側面もあろうし、BMWのディーゼル戦略が本格化した2014年当時はMINIの基準モデルである3ドア/5ドアハッチバックそのものが、ちょうど世代交代の時期であったのも無関係ではあるまい。さらに、その直後にBMWのディーゼルエンジン本体も世代交代期となり、ドンピシャの導入時期がなかなか見つからなかったのは事実だろう。そして、例のフォルクスワーゲンのディーゼル排ガス問題も、MINIのディーゼル導入時期に微妙な影響をもたらしたことも想像にかたくない。

ただ、その結果として、MINIの主力ディーゼルは、こうして満を持しまくった(?)状態で上陸することとなった。よって、今回は出し惜しみ感がまったくない。「3ドア」「5ドア」「クラブマン」というMINIのメインストリーマー全機種に、それぞれ「クーパーD」と「クーパーSD」の2機種ずつを用意することになった。

2リッター直4ディーゼルエンジンを搭載した「MINIクーパーSD 3ドア」。日本では2016年4月に発売された。
テスト車のインテリアには、オプションで用意されるピアノブラックの装飾パネルが用いられていた。
オプション装備のスポーツシート。背もたれの上部に施されたパンチング加工が特徴となっている。
2016年4月に発表された6モデルの追加設定により、日本でラインナップされるMINIのディーゼル車は、全10モデルとなった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • モダンで華やかな特別仕様車「MINIセブン」発売 2016.8.26 自動車ニュース BMWジャパンは2016年8月26日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」の特別仕様車「MINI Seven(セブン)」を発表。同日、販売を開始した。
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • BMW & MINIディーゼルモデル試乗会【試乗記】 2016.6.29 試乗記 この春、BMWグループが小型モデルのディーゼルラインナップを一気に充実させた。注目の1.5リッター直列3気筒ディーゼルエンジンを搭載する「MINIクーパーD」や、「BMW 1シリーズ」初のディーゼル「118d」など、計4モデルに試乗する。
ホームへ戻る