第2回:目指せ日光!
ジャガーXFで英国ゆかりの新名所を訪問

2016.07.13 特集
中禅寺湖と「ジャガーXF」。
中禅寺湖と「ジャガーXF」。

長期リポートが始まって最初の週末、「ジャガーXF」はわが家の駐車場にありました。せっかく英国製のサルーンを拝借できたわけですから、リポートを近場で済ませるなんて手はありません。向かう先は、日光の中禅寺湖。そこには英国ゆかりの新名所がありました。

インフォテインメントシステムの「InControl Touch Pro」。フリックやスワイプといったタブレット端末でおなじみの操作にも対応しています。このタッチスクリーンに慣れてしまうと、昔のインターフェイスには戻れませんね。
インフォテインメントシステムの「InControl Touch Pro」。フリックやスワイプといったタブレット端末でおなじみの操作にも対応しています。このタッチスクリーンに慣れてしまうと、昔のインターフェイスには戻れませんね。
目的地である中禅寺湖畔の歌ヶ浜駐車場。サービスエリア「パサール羽生」での休憩を除くと、移動時間はおよそ2時間でした。
目的地である中禅寺湖畔の歌ヶ浜駐車場。サービスエリア「パサール羽生」での休憩を除くと、移動時間はおよそ2時間でした。
日本百名山のひとつにも数えられる男体山と「ジャガーXF」。秋になると、この山が赤や黄色に染まります。
日本百名山のひとつにも数えられる男体山と「ジャガーXF」。秋になると、この山が赤や黄色に染まります。

カーナビを駆使して初夏の日光へ

目的地は日本有数の観光名所なので、早朝に出て渋滞をやり過ごすこととします。朝6時の少し前に駐車場からXFをひっぱりだし、カーナビをピッポッパ。ルートは東北自動車道経由で175km、所要時間はおよそ2時間と出ました。

このXFの「InControl Touch Pro」は、ジャガー肝いりの最新インフォテインメントシステム。その使い勝手はというと、何というか、とっても普通。いい意味で奇をてらったところがありません。ナビ機能はすぐに呼び出せますし、目的地登録で「住所検索はどこ?」とあせって画面をスクロールする必要もなく、また初めての人でも簡単に「ルート消去」できます。多機能・高性能をうたいながらもこうした基本ができていないモデルが多い中、最初から痛痒(つうよう)感なく使えるその出来栄えは好印象でした。音声案内のお姉さんが、たまに交差点の漢字を間違えて読み上げるのは、まあご愛嬌(あいきょう)です。

はてさて、175kmというとなかなかの距離に聞こえますが、清滝ICまではずっと高速道路。そこから先も日本ロマンチック街道に突き当たるまではバイパスが通っているので、渋滞さえ避ければ気持ちよいクルージングが楽しめます。唯一にして最後の難関であるいろは坂をクリアすると、気づけば目的地は目と鼻の先でした。

湖畔の歌ヶ浜駐車場にXFを止めると、まずは日本百名山にも数えられる男体山にレンズ越しにごあいさつ。そこから首を右に回せば中禅寺、ちょいと走れば華厳の滝もありますが、今回の目的はそのいずれでもありません。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「ジャガーXF長期試乗リポート」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る