第458回:52歳で夢の転身! フォルクスワーゲンの部品を扱う、イタリアおじさんストーリー

2016.07.15 エッセイ

ビートルの祭典でカルトな屋台

イタリア中部スタッジャ・セネーゼで行われる「インターナショナル・フォルクスワーゲン・ミーティング」は、イタリアの「ビートル」ファンにとって“夏のお約束イベント”である。この連載では2014年に動画編をお届けしたので、ご記憶の方もいらっしゃるだろう。

第31回となる2016年のイベントは、7月の8日から10日にかけて開催された。今回も各国の愛好者が参加。中には、遠くイギリスやルーマニアからの来場者もあった。

このイベントでは、毎回ビートル関連のさまざまな屋台が出店される。ただしこれまでは、Tシャツやマグカップなど、グッズ類が中心であった。

今年はといえば、新しいタイプの店が増えている。ある店は、陳列してある品をひと目見るだけで、少々カルトな屋台であることがわかった。なぜなら、すすけたり退色したりしたオリジナルパーツの箱が、いくつもテーブルの上に陳列されていたからだ。

ボクが興味深げに観察し始めると、早速店主が笑顔で話しかけてきた。
「俺はビートルのオリジナルパーツを得意としてるんだよ」

ヴィンチェンツォさんという彼は、商品の中からテールランプレンズをふたつ手にとって見せてくれた。
「こっちはヘラ社製のオリジナル、そしてこっちはリプロダクション品だ」
価格は前者が200ユーロ、後者はその半値以下の90ユーロである。

「でもほら、赤とオレンジの色が微妙に違うだろ?」
いわれてみると、色味がたしかに違う。オリジナル派は、こうした細かい部分にも、神経を使うという。

さらに「こっちは1949~1951年のテールランプ……」と、お宝紹介は続いた。

第31回「インターナショナル・フォルクスワーゲン・ミーティング」の会場で。2016年7月9日撮影。
クリスタルガラス工房の見学や、地元ラジオ局の出張スタジオで盛り上がる本会場でのディナーなど、3日間のプログラムは盛りだくさん。
「マッジョリーノ・ガレージ」を主宰するヴィンチェンツォ・ムッツィオさん。
「フォルクスワーゲン・ビートル」のテールランプレンズ。左がヘラ社による純正で、右がリプロダクション品。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

関連記事 ホームへ戻る