プジョー、クリーンディーゼル「BlueHDi」を発売

2016.07.12 自動車ニュース
「プジョー308アリュールBlueHDi」
「プジョー308アリュールBlueHDi」

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年7月12日、PSAグループのクリーンディーゼルエンジン「BlueHDi」を搭載した「308アリュールBlueHDi」「308GT BlueHDi」「508GT BlueHDi」を発売した。

308アリュールBlueHDi」は120psを発する1.6リッターディーゼルを搭載する。
「308アリュールBlueHDi」は120psを発する1.6リッターディーゼルを搭載する。
「プジョー508GT BlueHDi」
「プジョー508GT BlueHDi」
「508GT BlueHDi」は180psを発する2リッターディーゼル搭載。
「508GT BlueHDi」は180psを発する2リッターディーゼル搭載。
排ガス浄化装置には酸化触媒と尿素SCRシステム、およびDPF(微粒子フィルター)を用いている。DPFの上流にSCRを置いている。
排ガス浄化装置には酸化触媒と尿素SCRシステム、およびDPF(微粒子フィルター)を用いている。DPFの上流にSCRを置いている。
左から、PSAグループ インド・パシフィック地域事業部長のエマニュエル・ドゥレ氏、プジョー・シトロエン・ジャポン代表取締役社長のクリストフ・プレヴォ氏、PSAグループ パワートレイン&シャシーエンジニアリング研究開発部長のクリスチャン・シャペル氏。
左から、PSAグループ インド・パシフィック地域事業部長のエマニュエル・ドゥレ氏、プジョー・シトロエン・ジャポン代表取締役社長のクリストフ・プレヴォ氏、PSAグループ パワートレイン&シャシーエンジニアリング研究開発部長のクリスチャン・シャペル氏。

■プジョー308のBlueHDiは299万円から

BlueHDiとは、DPF(微粒子フィルター)とアドブルー(尿素水溶液)式SCR(選択還元触媒)を持つ、PSAグループの最新ディーゼルエンジンの呼称。1.6リッター(120ps、300Nm)と2リッター(180ps、400Nm)があり、いずれにもEAT6トランスミッション(アイシン・エィ・ダブリュ製のAWF6F45)が組み合わされる。

同じ性能のガソリン車と比較した場合、CO2排出量は15%低減、燃費は25%改善されている。また、SCRにアドブルーを使用することで、NOx(窒素酸化物)は90%削減されているという。モデル別のJC08モード燃費は、308アリュールBlueHDi(ハッチバックとワゴンとも):21.0km/リッター、308GT BlueHDi(同):20.1km/リッター*、508GT BlueHDi(同):18.0km/リッター。

アドブルーはトランクルーム下のタンクに貯蔵されており、残りの走行可能距離が2400km以下になった場合、警告ランプなどがついて補給の必要性を知らせるようになっている。それに加えて、1年または1万kmを目安に点検・補給が推奨されている。

BlueHDiは全車エコカー減税対象車。減税率は自動車重量税と自動車取得税が100%、自動車税はおおむね75%とされる。

各モデルの車両価格は以下のとおり。

・308アリュールBlueHDi(FF/6AT):299万円
・308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT):323万8000円
・308GT BlueHDi(FF/6AT):354万円
・308SW GT BlueHDi(FF/6AT):378万8000円
・508GT BlueHDi(FF/6AT):434万円
・508SW GT BlueHDi(FF/6AT):464万円

ガソリンモデルも引き続き販売される。

*=ステーションワゴンのパノラミックガラスルーフ装着車(オプション)は20.2km/リッター。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.9.25 試乗記 ヨーロッパでは「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の強力なライバルを演じる「プジョー308」に試乗。装備内容から機能性、実用性、走り、そして実用燃費までをチェックするwebCG恒例の「ブリーフテスト」を実施し、その実力を探った。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
ホームへ戻る