クリーンディーゼル搭載の「シトロエンC4」登場

2016.07.12 自動車ニュース
「シトロエンC4 FEEL BlueHDi」
「シトロエンC4 FEEL BlueHDi」

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年7月12日、PSAグループのクリーンディーゼルエンジン「BlueHDi」を搭載した「シトロエンC4 FEEL BlueHDi」を発売した。

参考展示された「シトロエン・グランドC4ピカソC4 BlueHDi」。2リッターBlueHDiの150ps仕様が搭載される。日本には2016年12月導入予定。
参考展示された「シトロエン・グランドC4ピカソC4 BlueHDi」。2リッターBlueHDiの150ps仕様が搭載される。日本には2016年12月導入予定。
アイシン・エィ・ダブリュ製の6段AT(AWF6F45)が組み合わされる。
アイシン・エィ・ダブリュ製の6段AT(AWF6F45)が組み合わされる。

■1.6ディーゼル搭載し279万円

搭載されるエンジンは、120psと300Nmを発する1.6リッターのBlueHDiユニット。これに6段ATを組み合わせている。JC08モード燃費は20.2km/リッター。

排ガス浄化装置には酸化触媒とアドブルー(尿素水溶液)SCR(選択還元触媒)システム、およびDPF(微粒子フィルター)を用いている。同じ性能のガソリン車と比較した場合、CO2排出量は15%低減、燃費は25%改善されている。

車両価格は279万円。BlueHDiは全車エコカー減税対象車で、減税率は自動車重量税と自動車取得税が100%、自動車税はおおむね75%とされる。

ガソリンモデルも引き続き販売される。また、シトロエンブランドではこのC4のほか、2016年12月に「グランドC4ピカソBlueHDi」が導入される予定。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.29 試乗記 シトロエンがCセグメント車「C4」のパワートレインを一新し、1.2リッター直3ターボとトルコン式6段ATを採用した。上級モデル「セダクション アップグレードパッケージ」の試乗を通して感じた、簡単には言い表せないフランス車ならではの魅力を報告する。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る