「DS 4」シリーズにクリーンディーゼル搭載車

2016.07.12 自動車ニュース
「DS 4クロスバックBlueHDi」
「DS 4クロスバックBlueHDi」

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年7月12日、PSAグループのクリーンディーゼルエンジン「BlueHDi」を搭載した「DS 4シックBlueHDi DS LEDビジョンパッケージ」と「DS 4クロスバックBlueHDi」を発売した。

今回参考展示された「DS 5 BlueHDi」。2017年1月導入予定。
今回参考展示された「DS 5 BlueHDi」。2017年1月導入予定。

■180psの2リッターBlueHDiを搭載

PSAグループのクリーンディーゼルエンジン「BlueHDi」ユニットには1.6リッターと2リッターがある。DS 4シリーズに搭載されるのは後者で、180psと400Nmを発する。これに6段AT(アイシン・エィ・ダブリュ製のAWF6F45)を組み合わせている。

排ガス浄化装置には酸化触媒とアドブルーSCR(選択還元触媒)システム、およびDPF(微粒子フィルター)を用いている。同じ性能のガソリン車と比較した場合、CO2排出量は15%低減、燃費は25%改善されている。

車両価格は以下の通り。BlueHDiは全車エコカー減税対象車で、減税率は自動車重量税と自動車取得税が100%、自動車税はおおむね75%とされる。

・DS 4シックBlueHDi DS LEDビジョンパッケージ:349万円
・DS 4クロスバックBlueHDi:361万円

ガソリンモデルも引き続き販売される。また、DSブランドではこのほか、2017年1月に「DS 5 BlueHDi」が導入される予定。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS 4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 5シック レザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.6.27 試乗記 DSブランドの中でも、他に類を見ない斬新なスタイリングが特徴の5ドアモデル「DS 5」が、新しい“DS顔”にフェイスリフト。さらにパワートレインにも手が加えられる大幅改良が施された。進化したDSブランドのフラッグシップの魅力に触れた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道・剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
ホームへ戻る