新型「ルノー・トゥインゴ」に2つの限定モデル

2016.07.13 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴ パックスポール」
「ルノー・トゥインゴ パックスポール」

ルノー・ジャポンは2016年7月13日、新型「トゥインゴ」に限定モデル「パックスポール」「サンクS」を設定し、同年9月15日に発売すると発表した。7月14日から31日まで予約注文受け付けを行う。

「トゥインゴ パックスポール」のリアビュー


	「トゥインゴ パックスポール」のリアビュー。
「トゥインゴ パックスポール」のインストゥルメントパネルまわり

 

「トゥインゴ パックスポール」のインストゥルメントパネルまわり。
	 
「トゥインゴ サンクS」
「トゥインゴ サンクS」

■専用の装飾パーツでスポーティーにコーディネート

パックスポールはカタログモデルの「インテンス」をベースに、専用のボディーストライプや空力パーツ、レッドフィニッシャーなどで内外装をドレスアップした限定車である。

特別装備は以下の通り。
・専用16インチアロイホイール(JUVAQUATRE)
・専用サイドストライプ
・専用フェンダーモール+サイドスカート
・レッドドアミラー
・レッドフィニッシャー(フロントグリル、サイドモール)
・レッド&ブラック内装
・ファブリック&レザー調コンビシート
・レザー調メータークラスター

エンジンやトランスミッションなどについての変更はなし。ボディーカラーは「ブラン クリスタル」のみの設定で、50台の限定販売となる。ハンドル位置は右。価格は199万円。

■販売台数50台、NAエンジン+5段MTの限定モデル

「サンクS」は、71ps(52kW)/6000rpmの最高出力と9.3kgm(91Nm)/2850rpmの最大トルクを発生する自然吸気の1リッター直3 DOHCエンジンと、5段マニュアルトランスミッションを搭載した限定モデルである。

ボディーカラーは「ブルー ドラジェM」「ルージュ フラムM」「ジョン エクレールM」「ブラン クリスタル」の4色。販売台数は50台の限定となっている。ハンドル位置は右。価格は169万円。

(webCG)

→関連記事「新型『トゥインゴ』に見るルノーの日本戦略」
→新型「ルノー・トゥインゴ」の実車を写真で紹介
→関連記事「ルノー、RRとなった新型『トゥインゴ』を日本に導入」
→新型「トゥインゴ」のより詳しい画像はこちら
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』発表会の会場から」

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ 2017.7.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施した。外装のブラッシュアップに加えて、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る