新型「ルノー・トゥインゴ」に2つの限定モデル

2016.07.13 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴ パックスポール」
「ルノー・トゥインゴ パックスポール」

ルノー・ジャポンは2016年7月13日、新型「トゥインゴ」に限定モデル「パックスポール」「サンクS」を設定し、同年9月15日に発売すると発表した。7月14日から31日まで予約注文受け付けを行う。

「トゥインゴ パックスポール」のリアビュー


	「トゥインゴ パックスポール」のリアビュー。
「トゥインゴ パックスポール」のインストゥルメントパネルまわり

 

「トゥインゴ パックスポール」のインストゥルメントパネルまわり。
	 
「トゥインゴ サンクS」
「トゥインゴ サンクS」

■専用の装飾パーツでスポーティーにコーディネート

パックスポールはカタログモデルの「インテンス」をベースに、専用のボディーストライプや空力パーツ、レッドフィニッシャーなどで内外装をドレスアップした限定車である。

特別装備は以下の通り。
・専用16インチアロイホイール(JUVAQUATRE)
・専用サイドストライプ
・専用フェンダーモール+サイドスカート
・レッドドアミラー
・レッドフィニッシャー(フロントグリル、サイドモール)
・レッド&ブラック内装
・ファブリック&レザー調コンビシート
・レザー調メータークラスター

エンジンやトランスミッションなどについての変更はなし。ボディーカラーは「ブラン クリスタル」のみの設定で、50台の限定販売となる。ハンドル位置は右。価格は199万円。

■販売台数50台、NAエンジン+5段MTの限定モデル

「サンクS」は、71ps(52kW)/6000rpmの最高出力と9.3kgm(91Nm)/2850rpmの最大トルクを発生する自然吸気の1リッター直3 DOHCエンジンと、5段マニュアルトランスミッションを搭載した限定モデルである。

ボディーカラーは「ブルー ドラジェM」「ルージュ フラムM」「ジョン エクレールM」「ブラン クリスタル」の4色。販売台数は50台の限定となっている。ハンドル位置は右。価格は169万円。

(webCG)

→関連記事「新型『トゥインゴ』に見るルノーの日本戦略」
→新型「ルノー・トゥインゴ」の実車を写真で紹介
→関連記事「ルノー、RRとなった新型『トゥインゴ』を日本に導入」
→新型「トゥインゴ」のより詳しい画像はこちら
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』発表会の会場から」

関連キーワード:
トゥインゴルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • 新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」が日本上陸 2017.9.6 自動車ニュース FCAジャパンは2017年9月6日、高性能スポーツサルーン「アルファ・ロメオ・ジュリア」を発表した。同年10月14日に、全4モデルのラインナップで販売を開始する。価格は446万円から1132万円まで。
  • ルノーの新型SUV「カジャー」、限定車が先行上陸 2017.8.31 自動車ニュース 「カジャーBose」は、2018年初頭に国内本導入が予定されている「カジャー」の先行発売モデルである。名前の通りBOSEサウンドシステムを特別装備するほか、専用デザインのシートとパノラミックルーフも与えられる。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る