メルセデスが東京・代官山にクルマを置かない“バーチャルショールーム”をオープン

2016.07.13 自動車ニュース
CCCマーケティング取締役会長の村口伸一氏(左)と、メルセデス・ベンツ日本 代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏。
CCCマーケティング取締役会長の村口伸一氏(左)と、メルセデス・ベンツ日本 代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏。

メルセデス・ベンツ日本は2016年7月13日、同日から9月13日までの3カ月間限定で東京・代官山の蔦屋書店内に「Mercedes-Benz Lifestyle Lounge(メルセデス・ベンツ ライフスタイルラウンジ)」をオープンした。

見積もりシミュレーションなどが可能なタブレット端末と、VRヘッドセット。
見積もりシミュレーションなどが可能なタブレット端末と、VRヘッドセット。
メルセデス・ベンツ関連グッズの物販コーナー。
メルセデス・ベンツ関連グッズの物販コーナー。

デジタルツールを活用して“ブランド体験”を提供

今回のメルセデス・ベンツ ライフスタイルラウンジは、主に都市部の人の集まるスペースへの開設を想定した、デジタルツールを活用した“クルマを置かないショールーム”のプロトタイプだ。2016年1月に締結したカルチュア・コンビニエンス・クラブとの契約を受けたもので、その子会社であるCCCマーケティングとの販促プロモーションおよびマーケティングの領域における協業プロジェクトのひとつである。

具体的には、VR(仮想現実)技術やコンフィギュレーター、デジタルサイネージを活用した製品体験、メルセデスに関する書籍やオリジナルグッズの展示などを通じ、クルマとともに暮らす上質なライフスタイルを提案するという。
また、ラウンジ内にはメルセデスの商品に関する知識をもったプロダクトエキスパートを配置。ショールーム内に車両展示はないものの、メルセデス・ベンツとスマートの試乗車を用意している。

メルセデス・ベンツオリジナルデザインのTカード。右がメルセデス・ベンツ販売店で、左がメルセデス・ベンツ コネクションで発行されるもの。
メルセデス・ベンツオリジナルデザインのTカード。右がメルセデス・ベンツ販売店で、左がメルセデス・ベンツ コネクションで発行されるもの。
2016年7月13日から7月15日まで、代官山T-SITEガーデンギャラリー行われる特別展示の様子。カール・ベンツが製作した初のガソリン自動車「パテント・モートル・ヴァーゲン」(レプリカ)も見ることができる。
2016年7月13日から7月15日まで、代官山T-SITEガーデンギャラリーで行われる特別展示の様子。カール・ベンツが製作した初のガソリン自動車「パテント・モートル・ヴァーゲン」(レプリカ)も見ることができる。

情報の共有を通してサービスの向上を目指す

記者発表会において、CCCマーケティング取締役会長の村口伸一氏は、カルチュア・コンビニエンス・クラブが運営する代官山T-SITEや湘南T-SITEなどの施設について、「書店を中心としたライフスタイル提案型の商業施設。自分のライフスタイルを探す方、持っている方が十分堪能できるスペースを用意し、お客さまの希望に沿った書籍、サービス、商品を提供している」と説明。これを受け、メルセデス・ベンツ日本 代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏は、「(そういった施設の中で)クルマとともに暮らす上質な、いわゆるライフスタイルの提案をしたい」と述べた。

また、上野社長は“クルマを置かない”ショールームのオープンについて「東京都内を含め、(メルセデス・ベンツの)取り扱い車種の多さを考えると、すべての車種を展示するのは現実的ではない。そこで、バーチャルショールームにこの機にチャレンジしてみたいと考えた」とそのきっかけを説明。さらに「(メルセデス・ベンツ車に)興味を持っていただいたお客さまについては、事前に了解を得たうえで最寄りの販売店にお客さまの情報を提供。(お客さまの希望、要望を共有することで)商談プロセスがスムーズになり、クオリティーの高い商談ができると考えている」と、今回の取り組みに対する期待を語った。

なお、メルセデス・ベンツ ライフスタイルラウンジのオープンを記念し、代官山T-SITEガーデンギャラリーでは7月13日から15日までの3日間、メルセデス・ベンツの130年の歴史とこれからのライフスタイルにまつわる展示を実施。また、7月15日より全国のメルセデス・ベンツ正規販売店および東京・大阪の情報発信拠点「メルセデス・ベンツ コネクション」において、自動車ブランドとしては初となるオリジナルデザインのTカードが発行される。

(文と写真=内田俊一)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。