「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG A45 4MATIC(後編)

2016.07.14 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG A45 4MATIC(後編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG A45 4MATIC(後編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー・谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「メルセデスAMG A45 4MATIC」に試乗する。AMG A45を絶賛する谷口。しかし、意外なところに意外な不満(?)があった。

 
「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG A45 4MATIC(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG A45 4MATIC(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG A45 4MATIC(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG A45 4MATIC(後編)の画像

■たかがされどのバックスキン

谷口信輝が山のような賛辞を贈ったAMG A45。しかし、公平を期するwebCGとしては、それだけでは満足できない。谷口にしても、少しは不満な点があるだろう。
「まあ、心を鬼にしていえば、まるでないわけではありませんよ」 例えば、どんなところが?
「ステアリングが太めでしょ? 僕は手が大きいから全然気にならないけれど、例えば小柄な女性のなかには、ちょっと握りにくいと感じる人がいるかもしれませんね。それと……」 それと?
「ステアリングの握りの部分だけバックスキンになっているじゃないですか?」 フムフム。

「以前、人からクルマを借りたときに経験したんですが、そのクルマもやっぱり握りのところがバックスキンだったんですよ。そうしたら、そのオーナーの手垢(てあか)がしっかり染み込んで黒光りしちゃっているんです。なんか、そこを握っただけで、僕の手まで臭くなっちゃうんじゃないかと心配になるくらい。あれはつらい経験でしたね」
なるほど、そんな悲しい体験をしていたのか。

「あとはね、あのナビのモニターがダッシュボードから飛び出しているところ」 ホホーッ。
「なんかアフターマーケットのナビを量販店で後付けしたみたいで、格好よくありませんよね」 なるほど。
「どうせだったら、使わないときはダッシュボードに格納できるようにするか、完全にビルトインにすればよかったのに……」

とまあ、ここまではクルマの本質とはあまり関係のないところだから、目をつぶろうと思えばつぶれないこともない。ただし、次の一点を指摘したときだけ、谷口の眼光が微妙に鋭くなったように感じられた。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.10.15 試乗記 「メルセデス・ベンツAクラス」で初のハイパフォーマンスモデル「A45 AMG 4MATIC」に試乗。0-100km/h加速4.6秒、車両価格640万円の“コンパクトハッチ”が持つ、本当の価値とは?
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • メルセデス・ベンツA250シュポルト 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2016.2.5 試乗記 フルモデルチェンジから3年にして大幅な改良が施されたメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバックモデル「Aクラス」。200psオーバーのターボエンジンとフルタイム4WDを組み合わせた「A250シュポルト 4MATIC」に試乗し、その進化の度合いを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
ホームへ戻る