メルセデスAMG GLE43 4MATIC(4WD/9AT)

オトコを試すSUV 2016.07.18 試乗記 AMGの名から想像するよりずっと静かなエンジンと、それに不似合いな硬さの足まわり。「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」の本性を、街中だけで見抜くのは簡単ではない。いざ、高速道路に乗って、このツンデレなSUVのアクセルを踏み込むと……。

どこかゆるりとアメリカン

GLEといえば、その先代は「Mクラス」である。GLEになって、見た目こそ一段とメルセデスライクになった。しかしアメリカはアラバマ州で造られるどこかホンワカとしたSUVに、スピードマニアであるAMGのスパイスが振りかかったら、一体どんなSUVになってしまうのか……? そんな心配をした筆者であったが、このGLE43、実に絶妙な塩加減に収まっていた。

ちょっとだけGLEを弁護しておくと、初代Mクラスはどこかチープさが見え隠れするアメリカンテイストなSUVだったが、2代目以降では、その質感がしっかりとメルセデス格式に格上げされていた。
とはいえ、メイン市場をアメリカに置いていることには変わりないから、その乗り味やシルエットにはどことなく“ゆるり”としたテイストがいまなお残っている。筆者はこのポロシャツでも乗れるおおらかでヤッピーなテイストが嫌いではないが、これにガッチガチのAMGがドーピングされたら、どうなっちゃうのかと思ったのだ。

搭載されるエンジンは、車名こそ“ヨンサン”ながら3リッターのV型6気筒直噴ツインターボ。いわば4.3リッターなみの実力を持つダウンサイジングターボということになる。
このエンジン、一基一基が職人の手で組み上げられる“プレミアムAMG”向けのV8やV12とは異なり、職人のネームプレートも付かない量産ユニットだが、シリンダー内部には摩擦抵抗の低減と強度アップを実現するナノスライド加工が施されるなど、最新技術がしっかりと盛り込まれている。またインジェクターは200barの高圧縮で燃料を筒内噴射し、367ps/53.0kgm(520Nm)というパワー&トルクを発生する。

燃費性能(JC08モード)は10.0km/リッターとやや前時代的ではあるが、今回の試乗では満タン法で8.6km/リッター、車載燃費計で9.0km/リッターと、カタログ値からそれほど離れていない数値を記録した。

これまで3リッターV6エンジン搭載車は「AMGスポーツモデル」と呼ばれたが、“格上げ”されて「メルセデスAMG 43モデル」に改められた。「GLE43」はその最初の例。
これまで3リッターV6エンジン搭載車は「AMGスポーツモデル」と呼ばれたが、“格上げ”されて「メルセデスAMG 43モデル」に改められた。「GLE43」はその最初の例。
黒で統一されたスパルタンなインテリア。DシェイプのAMG専用ステアリングが室内をスポーティーに引き締める。
黒で統一されたスパルタンなインテリア。DシェイプのAMG専用ステアリングが室内をスポーティーに引き締める。
3リッターV6ツインターボエンジンは367psと53.0kgmを発する。JC08モード燃費は10.0km/リッター。
3リッターV6ツインターボエンジンは367psと53.0kgmを発する。JC08モード燃費は10.0km/リッター。
試乗車のボディーカラーはカバンサイトブルー。
試乗車のボディーカラーはカバンサイトブルー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLEの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る