第439回:日本人よアストンに学べるか? 「シグネット」で感じたブランドビジネスの本質

2011.11.04 エッセイ

第439回:日本人よアストンに学べるか?「シグネット」で感じたブランドビジネスの本質

家族的なスタッフにビックリ

人生日々これ勉強! ひさびさ考えさせられましたよ。アストン・マーティンの新マイクロ4シーター「シグネット」! ご存じ「トヨタiQ」ベースの“3mコミューター”で、ユニークな出来もさることながら、それ以上に香港で行われたアジア試乗会で実感しました。「ブランドビジネスの本質は“ファミリー”にある」と。

インプレは後に回すとして、今回は俺自身初のアストン試乗会で、スタッフがヤケにフレンドリーで家族的なところに感激。日本人の広報スタッフからして、アマチュアバンドマンの心優しきTさんと、香港では会えなかったが小柄で可愛らしい女性のAIさんで。さらに香港で出迎えてくれたスタッフのインパクトが大!

まずはメチャクチャな日本語を話す、ヘタすっと青い眼の落語家でもやれそうなマシュー・ベネットさんが出てきて、多少スカしたイメージだったアストン・マーティンの先入観を壊し、そこにちょっとオタクっぽいマーケティングのマレックさんやら、フェルナンド・アロンソ似のマーシャルさんやら、美人広報のサラさんが続く。

そもそもアストン・マーティンは年間1000台ちょっとしか作らない小規模メーカーだから、スタッフ部門はカーマニアで有名なウルリッヒ・ベッツCEO以下100人いるかいないかのはず(たぶん)。この時点で、ファミリームード、プンプンなわけよ。どっかの大メーカーとは大違い。今回の試乗のテーマにしても、「ポラロイド写真でいいカットを撮ってきて!」だもんね(笑)。

その上、語られる言葉が熱いこと熱いこと。試乗会に先立ち、マーシャルさんは「今回は世界で最もセクシーで、クールかつエキサイティングなクルマを体験していただきたい」と切り出し、「世界で最もラグジュアリーなシティーカー」「この3mの中にリアルなアストン・マーティンのソウルが息づいている」とか自画自賛気味(?)の解説。でもかなりマジ。

するとコチトラ現金なもんで、最初は「中身、iQなんだけど……」などとちょっと警戒してた心が徐々に和らぐ。やっぱ、売る側が自信満々かどうかって買う側にとって大きいし、そもそも向こうの人って日本人ほど、中身がどうだとか、出自がどうだって気にしてない。「結果としてアストンらしけりゃいいじゃん!」って感じなのだ。

実際、「シグネット」の外観はかなりオリジナル性が高く、ボディーパネルはルーフとリアピラー周り以外は新作だし、内装もアストンらしいリアルマテリアルぎっしり。素材は「DB9」と同じ。使われた本革の“量”に関しても「DB9」と同じだそうな。

「アストン・マーティン シグネット」。日本では2011年10月29日にお披露目会が開かれた。475万円より。
「アストン・マーティン シグネット」。日本では2011年10月29日にお披露目会が開かれた。475万円より。
香港での試乗会から。参加者には、試乗風景を撮影するインスタントカメラが手渡された。
香港での試乗会から。参加者には、試乗風景を撮影するインスタントカメラが手渡された。
エンジンはトヨタ製の1.3リッター直4。98psと12.7kgmを発生する。
エンジンはトヨタ製の1.3リッター直4。98psと12.7kgmを発生する。
本革がふんだんに使われた「シグネット」のインテリア。
本革がふんだんに使われた「シグネット」のインテリア。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』