クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)/レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)

新しい“STI”の試金石 2016.07.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた走りの新グレード「STI Sport」が登場した。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。

硬派な戦闘派と思いきや……

スバル・レヴォーグに「STI Sport」というモデルが追加されるからと試乗のお誘いをいただいたとき、僕の頭の中にポンと浮かんできたのは、ガツンとチューンナップの味が利いた硬派な走り屋系スポーツワゴンの姿。おそらく多くの人が似たり寄ったりなんじゃないか? と思う。

なぜなら、これまでSTIの名前が冠されたコンプリートカーはそういう方向性にあったし、そこにひとつの大きく確立された価値があったから。なにせスバルのモータースポーツに関わる分野を担ってきたのがSTIことスバルテクニカインターナショナルである。その分野に根ざした発想とその分野で磨いてきたテクノロジーを余すところなく市販モデルに盛り込んだSTIのコンプリートカーは、とても“後付け”には思えないほど完成度が高く、思いのほか洗練されてもいたけれど、同時にパフォーマンスがすこぶる高く、ハードコアとすらいえるほどのテイストを持ち、ある意味めちゃめちゃマニアックな存在だった。そうした印象がとにかく強かったのだ。

が、新しいSTI Sportは、そういうクルマとは違っていた。もちろんその名にたがわないパフォーマンスへのこだわりを感じさせてはくれるけど、チューニングカー風味などどこにも漂っていなかった。そもそもコンプリートカーでもなかった。スバルとSTIによって共同で開発が進められ、他のスバル車たちと同じようにラインで生産される、完全なるカタログモデルだったのだ。もちろん限定車でもない。その事実を知って、試乗も終えて、これから先のスバルとSTIの関係性がひとつ見えてきたような気がしたのだった。

2016年5月に発表された「レヴォーグSTI Sport」。発売は同年夏を予定している。写真は1.6リッターモデル。
2016年5月に発表された「レヴォーグSTI Sport」。発売は同年夏を予定している。写真は1.6リッターモデル。 拡大
「STI Sport」はスバルのモータースポーツ部門であるSTIが手がけた「レヴォーグ」の最上級グレードであり、限定モデルとしてではなく、カタログモデルとして販売される。
「STI Sport」はスバルのモータースポーツ部門であるSTIが手がけた「レヴォーグ」の最上級グレードであり、限定モデルとしてではなく、カタログモデルとして販売される。 拡大
「レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight」のインストゥルメントパネルまわり。ステアリングホイールやシフトセレクターなど、各所に同車専用のパーツが用いられている。
「レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight」のインストゥルメントパネルまわり。ステアリングホイールやシフトセレクターなど、各所に同車専用のパーツが用いられている。 拡大

よりシックに、上質に

……と、これまた先走ってしまう前に、レヴォーグSTI Sportというモデルについて少し説明をしておかなければならないだろう。STI Sportは、レヴォーグのラインナップの最上位に追加された新グレードである。レヴォーグには2リッターと1.6リッターのラインがあるわけだが、そのどちらにも設定されるというのが、こだわりのスバルらしくていい。300psに40.8kgmが生む“速さ”だけが偉いわけじゃなく、170psに25.5kgmの“爽快さと穏やかさのバランス”が気に入るドライバーもいて当然だし、ハイオク仕様の13.2km/リッターよりもアイドリングストップ機構の備わるレギュラー仕様の16.0km/リッターに価値を感じる人もいる、というわけだ。

そこからもお分かりいただけるように、パワーユニットやトランスミッションには、これまでのものと全く変わらない。スペックも同等だ。

エクステリアは少し変わった。フロントグリルはSTIのエンブレムが付く専用品となり、バンパーは下側の開口部が逆台形から台形になるとともに全体的に立体感の強いデザインとなり、大型化されたリアのマフラーカッターやフロントのバンパー下部、バンパー両サイドの開口部のフィンなど、クロームパーツの配置と各部のボリューム感も変わった。少し精悍(せいかん)さと重厚感が増したような感じを受ける。

インテリアではシートやトリム類をボルドーに彩り、ステアリングやセレクター、ドアなどに赤のステッチを入れるなどして、他のレヴォーグよりもシックで上質な雰囲気作りを試みている。

エンジンの仕様は他のグレードと共通。「STI Sport」は1.6リッター車と2リッター車の両方に設定される。
エンジンの仕様は他のグレードと共通。「STI Sport」は1.6リッター車と2リッター車の両方に設定される。 拡大
フロントまわりでは、ロワグリル周辺の意匠が他のグレードとは大きく異なる。
フロントまわりでは、ロワグリル周辺の意匠が他のグレードとは大きく異なる。 拡大
「STI」のロゴが入った、大型のマフラーカッター。
「STI」のロゴが入った、大型のマフラーカッター。 拡大
ボルドーとブラックの専用本革シート。センターコンソールやドアトリムなどにも、アクセントとしてボルドーが使われている。
ボルドーとブラックの専用本革シート。センターコンソールやドアトリムなどにも、アクセントとしてボルドーが使われている。 拡大

ひとクラス上のクルマのような乗り心地

最も重要な変更点は、シャシーまわり。ダンパー、スプリングともに専用開発のものが採用されているのだが、ダンパーは前後ともビルシュタイン製で、フロントには「WRX STI S207」で採用されたものと同じ「DampMatic(ダンプマチック)II」が組み込まれている。このダンパーは、低速域ではまずコンフォートバルブが働き始めてしなやかで滑らかな乗り味を生み、ある程度以上の領域に入るとメインバルブが作動して引き締まった操縦安定性をもたらしてくれる、というような一種の減衰力可変式。それらの効果を最大限に生かすべく、ステアリングギアボックス周辺の取り付け剛性も引き上げられている。このシャシーの調律の部分がSTIのウデの見せどころ、といったところなのだろう。

走りだして最初に気づくのは、乗り心地の良さだ。路面の細かな凹凸をインフォメーションとして伝えてくる程度にしか拾わず、余分な動きをしないので、とても滑らかにクルマが進んでいく印象を受ける。多少大きめなうねりが路面の継ぎ目に差し掛かったときにも、しなやかにフラットな姿勢を保ってくれる。しっとりとしていて、とても上質な乗り味なのだ。ひとクラス上のクルマを走らせているかのような上質感。常用域でのその快適さは、STIのバッジが付けられていることがにわかには信じられないレベルにある。

足まわりでは、フロントダンパーに倒立式の減衰力可変ダンパーを採用。また前後のコイルスプリングやリアのダンパーにも専用のチューニングが施されている。
足まわりでは、フロントダンパーに倒立式の減衰力可変ダンパーを採用。また前後のコイルスプリングやリアのダンパーにも専用のチューニングが施されている。 拡大
タイヤサイズは1.6リッターモデル、2リッターモデルともに225/45R18ダークグレー塗装と切削光輝加工を組み合わせた18インチホイールが装着される。
タイヤサイズは1.6リッターモデル、2リッターモデルともに225/45R18。ダークグレー塗装と切削光輝加工を組み合わせた18インチホイールが装着される。 拡大
テールゲートに貼られた「STI」のバッジ。「STI Sport」では内外装の各所に「STI」のロゴが施されている。
テールゲートに貼られた「STI」のバッジ。「STI Sport」では内外装の各所に「STI」のロゴが施されている。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

これからのSTIのあり方を思う

とはいえ、快適なだけのクルマじゃないことは、速度域を上げていくとたちまち理解できる。クローズドコースを走っても、腰の弱さのようなものは微塵(みじん)も感じられないのだ。

ブレーキングからステアリングを切り込んでいったときの反応の良さ。スポーツカーのような絶妙なステアリングの手応え。しなやかだけど筋肉質なロール。簡単には破綻せずに粘りながら追従してくる後ろ足。行きたい方向に向けていける素直な性格。ふらつきゼロのシャッキリした動き。

しっとりしなやかなフィールをそれとなくドライバーに伝えながらも、その実はかなり締まりのいい動きをしていて、結構なスピードで呆気(あっけ)なくコーナーを駆け抜けていく。楽しいし、気持ちいい。STI Sportは、レヴォーグの快適さとスポーツ性を、優に一段階持ち上げた上質なモデル。最上級モデルは最高級モデルなんぞではなく、走りの味の最上質モデルなのである。

僕は思うのだ。STIは確かにスバルのモータースポーツ部門のような存在であり、チューンナップやカスタマイズのエキスパートでもある。けれどここから先は、例えるならメルセデスでいえばAMG、BMWでいうならMのような、そんな役割を果たすようになっていくんじゃないか? と。つまりコンプリートカーだけじゃなく、このレヴォーグSTI Sportと同じようにSTIが開発に関与したプロダクションモデルが、これから先も増えていくんじゃないかと思うのだ。

そうなっていったら、とても素晴らしい。

(文=嶋田智之/写真=田村 弥)

富士スピードウェイのショートサーキットを走る「レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight」。
富士スピードウェイのショートサーキットを走る「レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight」。 拡大

「STI Sport」専用のマルチインフォメーションディスプレイ付きレッドルミネセントメーター


	「STI Sport」専用のマルチインフォメーションディスプレイ付きレッドルミネセントメーター。
	拡大
ラゲッジルームの仕様など、ユーティリティーに関する点はほかのグレードと同じ。STIが手がけたスポーツグレードだからといって、不便になっていたりはしない。
ラゲッジルームの仕様など、ユーティリティーに関する点はほかのグレードと同じ。STIが手がけたスポーツグレードだからといって、不便になっていたりはしない。 拡大
「クリスタルホワイト・パール」の「1.6STI Sport EyeSight」。ボディーカラーにはほかのグレードにも設定のある6色に加え、STI Sport EyeSight専用色として「WRブルー・パール」も用意されている。
「クリスタルホワイト・パール」の「1.6STI Sport EyeSight」。ボディーカラーにはほかのグレードにも設定のある6色に加え、STI Sport EyeSight専用色として「WRブルー・パール」も用意されている。 拡大
スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight
スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight 拡大

テスト車のデータ

スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1780×1490mm
ホイールベース:2650mm
車重:1550kg
駆動方式:4WD
エンジン:1.6リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ 
トランスミッション:CVT
最高出力:170ps(125kW)/4800-5600rpm
最大トルク:25.5kgm(250Nm)/1800-4800rpm
タイヤ:(前)225/45R18 91W/(後)225/45R18 91W(ダンロップSP SPORT MAXX 050)
燃費:16km/リッター(JC08モード)
価格:348万8400円/テスト車=--万円
オプション装備:--

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:679km
テスト形態:ロードインプレッション、トラックインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:--km/リッター

スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight
スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight 拡大

スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1780×1490mm
ホイールベース:2650mm
車重:1560kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ 
トランスミッション:CVT
最高出力:300ps(221kW)/5600rpm
最大トルク:40.8kgm(400Nm)/2000-4800rpm
タイヤ:(前)225/45R18 91W/(後)225/45R18 91W(ダンロップSP SPORT MAXX 050)
燃費:13.2km/リッター(JC08モード)
価格:394万2000円/テスト車=--万円
オプション装備:--

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:724km
テスト形態:ロードインプレッション、トラックインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター
 

関連キーワード:
レヴォーグスバル試乗記

あなたにおすすめの記事