スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)/レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)

新しい“STI”の試金石 2016.07.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた走りの新グレード「STI Sport」が登場した。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。

硬派な戦闘派と思いきや……

スバル・レヴォーグに「STI Sport」というモデルが追加されるからと試乗のお誘いをいただいたとき、僕の頭の中にポンと浮かんできたのは、ガツンとチューンナップの味が利いた硬派な走り屋系スポーツワゴンの姿。おそらく多くの人が似たり寄ったりなんじゃないか? と思う。

なぜなら、これまでSTIの名前が冠されたコンプリートカーはそういう方向性にあったし、そこにひとつの大きく確立された価値があったから。なにせスバルのモータースポーツに関わる分野を担ってきたのがSTIことスバルテクニカインターナショナルである。その分野に根ざした発想とその分野で磨いてきたテクノロジーを余すところなく市販モデルに盛り込んだSTIのコンプリートカーは、とても“後付け”には思えないほど完成度が高く、思いのほか洗練されてもいたけれど、同時にパフォーマンスがすこぶる高く、ハードコアとすらいえるほどのテイストを持ち、ある意味めちゃめちゃマニアックな存在だった。そうした印象がとにかく強かったのだ。

が、新しいSTI Sportは、そういうクルマとは違っていた。もちろんその名にたがわないパフォーマンスへのこだわりを感じさせてはくれるけど、チューニングカー風味などどこにも漂っていなかった。そもそもコンプリートカーでもなかった。スバルとSTIによって共同で開発が進められ、他のスバル車たちと同じようにラインで生産される、完全なるカタログモデルだったのだ。もちろん限定車でもない。その事実を知って、試乗も終えて、これから先のスバルとSTIの関係性がひとつ見えてきたような気がしたのだった。

2016年5月に発表された「レヴォーグSTI Sport」。発売は同年夏を予定している。写真は1.6リッターモデル。
2016年5月に発表された「レヴォーグSTI Sport」。発売は同年夏を予定している。写真は1.6リッターモデル。
「STI Sport」はスバルのモータースポーツ部門であるSTIが手がけた「レヴォーグ」の最上級グレードであり、限定モデルとしてではなく、カタログモデルとして販売される。
「STI Sport」はスバルのモータースポーツ部門であるSTIが手がけた「レヴォーグ」の最上級グレードであり、限定モデルとしてではなく、カタログモデルとして販売される。
「レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight」のインストゥルメントパネルまわり。ステアリングホイールやシフトセレクターなど、各所に同車専用のパーツが用いられている。
「レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight」のインストゥルメントパネルまわり。ステアリングホイールやシフトセレクターなど、各所に同車専用のパーツが用いられている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴォーグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る