第28回:「制限速度120km/hへ引き上げ」の背景にあるもの(その1)
プロローグは「昔の思い出」

2016.07.21 エッセイ

警察庁の発表直後こそメディアは120km/h時代の到来を報じたが、それから3カ月、なぜ今なのか、なぜ120km/hなのか、なぜ限定的な区間だけなのか等についての続報がいっこうに伝わってこない。だから矢貫 隆が、今、それを語る。

よいと思う

せっかくの山開き(吉田口ルートのみ)だというのに、富士山の五合目から上が灰色の雲で覆われた2016年7月1日、少しばかり残念なその風景を、私は新東名高速道路の駿河湾沼津SAから眺めていた。
7月1日といえば、『月刊webCG通信』が「読者アンケートの広場」で高速道路の制限速度引き上げに関するアンケート報告をだした日でもある。

それに合わせて新東名?

いや、よくできた偶然である。

多くのメディアが「高速道路の制限速度120km/hに」を伝えたのは2016年3月24日だった。たとえば『日経新聞』は、こう書いた。

「警察庁は高速道路の一部区間の最高速度を現行の100キロから段階的に120キロへ引き上げる方針を決めた。カーブや勾配が緩やかで事故発生率が低い区間を対象とする。走行実態と規制速度のギャップを埋め、利用効果を高めるのが狙い。2017年以降に新東名と東北道で110キロへの引き上げを試行した後、全国の高速道路で見直しを進める」

制限速度100km/h規制の見直しって実はものすごく画期的なことなのに、あれっきり制限速度120km/h報道は途絶えてしまった。続報はまだか、続報は……と、待っても待っても音沙汰がないものだから、それなら自分で続報を書いてしまおうと考えたと思ってもらいたい。そして、いざ、120km/hに引き上げが予定されている路線のひとつである新東名を走りに行く日の朝、つまり7月1日、出発前にパソコンを開いたら、先のアンケート結果を伝える月刊webCG通信が配信されてきたというわけなのだ。

「高速道路の制限速度引き上げをどう評価するのでしょうか?
『よいと思う』か?
それとも『思わない』か?
今月は、二者択一で投票していただきました」

読者アンケートの広場はこう書きだし、
「多数を占めたのは『よい』という回答。なんと、全体の93.5%!!」と報告していた。クルマ好きが読んでいるwebCGのアンケートだから「よいと思う」に票が殺到したのだろうけれど、そこのところを差し引いたとしても、世のドライバーの、おそらく半分は制限速度の引き上げを「よい」と考えているのではあるまいか。

新東名をドライブしたのは金曜日の昼どき。下り線の交通量は予想に反して少なくて、どうせ現場を見るのなら、定期便の大型トラックが走りだす夕方を狙えばよかったかも、と、少しだけ後悔の言葉を口にしながら「フィアット・パンダ」のハンドルを握る著者。
新東名をドライブしたのは金曜日の昼どき。下り線の交通量は予想に反して少なくて、どうせ現場を見るのなら、定期便の大型トラックが走りだす夕方を狙えばよかったかも、と、少しだけ後悔の言葉を口にしながら「フィアット・パンダ」のハンドルを握る著者。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。