ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)

素材の味が濃い 2016.07.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。

今回は“スキンチェンジ”だけ

ナニナニ年モデル、という呼びかたを、いまボルボはしてないそうである。いつからそうなったのかは知らないけれど、毎年ある決まった時期に「いっせのせ」でアレもコレもドーンと新しくするのとは違ったやりかたでクルマをアップデートなりなんなりしていくのに合わせて、モデルイヤー制をやめた……ということだろうか。フツーに考えて。

V40系のマイナーチェンジ。フェイスリフト。動力関係その他、性能スペック表に数字がでるようなところに関して違いは特にない。「でも実はここのチューニングが前とは……」的なアナウンスが本国からきているかというと、それも別に、だそうで。要は、スタイリングや内装の調度の関係のものがチェンジ内容のほとんどすべてを占めている。あとは、前から選べた歩行者保護エアバッグが全車標準になったとか。あるいは、LEDヘッドライトの採用とか。

いずれにせよ、そのへんの詳細な情報をなーんにも知らない状態で今回は運転した。マイナーチェンジしたV40の最新版。乗る前にわかっていたのはそれだけ。止まりの写真の撮影現場に(別のクルマに乗って)到着して試乗車とゴタイメン。ホイールの見た目の感じからして、タイヤ内径は17インチ。グッと近寄って、レザーシート。運転席に座ってエンジンを始動して、おお、ディーゼルエンジン。

「ボルボV40」の日本発売は2013年2月。その後、新グレードの設定やディーゼルエンジンの採用など、度重なる改良を経て今日にいたっている。
今回のマイナーチェンジではフロントまわりの意匠を変更。「XC90」同様に、T字形のLEDヘッドライトが採用された。フロントグリルの意匠はグレードによって異なり、その中央には新デザインのボルボのエンブレムが用いられている。
単眼メーターや「フローティングセンタースタック」と呼ばれるセンタークラスターの意匠が特徴的な「V40」のインテリア。インストゥルメントパネルまわりの設計については、従来モデルから大きな変更はない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめる 2015.8.10 特集 すぐれた燃費性能がうたわれる、ボルボのクリーンディーゼル搭載車。では、実際に満タン・無給油で、どれだけの距離を走れるのか? “ミスター・テスター”笹目二朗が、「V40 D4 SE」でテストした。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)【試乗記】 2015.12.25 試乗記 台数限定ではもったいない? 「ボルボV40」のディーゼルモデルにスポーティーな意匠とサスペンションチューニングが特徴の「R-DESIGN」が200台限定で登場。純正ROMチューンの「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施された車両に試乗し、その実力を確かめた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る