トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”(FF/CVT)/アリオンA15“G-plusパッケージ”(FF/CVT)

本物がわかる大人のセダン 2016.07.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。

ルーツはかつての花形モデル

いささか不安である。この試乗記に興味を持つ人はどのくらいいるのだろう。プレミオ/アリオンは、自動車好きの関心を引く可能性が極めて低い。クルマの出来うんぬんではなく、ジャンル自体がマイナーだからである。5ナンバーサイズのFFセダンというのは、どう考えても現在の主流ではない。

ルーツをたどれば、1957年の「トヨペット・コロナ」に行き着く。1955年に「トヨペット・クラウン」が誕生して好評を博し、トヨタは一回り小型のモデルを作ってラインナップを広げた。先行した「ダットサン110型」が市場に浸透していて、コロナは苦戦を強いられる。ダットサンは「ブルーバード」と名を変え、1960年代前半にコロナとの熾烈(しれつ)な販売競争が繰り広げられた。世に言う「BC戦争」である。競い合うことによって技術が磨かれ、モータリゼーションが進展していった。コロナは日本を代表する花形モデルだったのだ。

ワゴン、ミニバン、SUVなどが人気を得るようになっていくと、中型セダンは次第に勢いを失っていく。2001年からコロナはもともとサブネームだったプレミオを新たな車名として採用し、イメージ一新を図る。同時に「カリーナ」の後継となったアリオンが姉妹車である。2007年に2代目となり、今回は2010年以来2回目となるマイナーチェンジだ。残念なことに、『webCG』にはその時の試乗記が見当たらない。最新の記事は、2008年3月のアリオンである。8年の長きにわたる不在は、このジャンルが下り坂だったことの反映だろう。

2代目の「プレミオ」とその兄弟車「アリオン」がデビューしたのは2007年6月。2010年以来2度目となる仕様変更が、2016年6月に実施された。
シートカラーは、グレードによりブラック、フラクセン(写真)、ブラウンが用意される。写真は「アリオンA15“G-plusパッケージ”」のもの。
ボディーカラーは「プレミオ」「アリオン」ともに、新色の「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」(写真)を含む全8色がラインナップされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
ホームへ戻る