第3回:「前」と「後ろ」で違った魅力
「ジャガーXF」の乗り心地をチェック

2016.07.20 ジャガーXF長期試乗リポート

「ジャガーXF 25tプレステージ」


	「ジャガーXF 25tプレステージ」
	拡大

英国生まれの4ドアサルーン「ジャガーXF」の新型は、どんな乗り心地なのか? 初めてステアリングを握ったwebCGスタッフが、その印象を報告する。

「XF」は全長4965mmと大柄。18インチのアルミホイールが、相対的に小さく見える。


	「XF」は全長4965mmと大柄。18インチのアルミホイールが、相対的に小さく見える。
	拡大
座面、背もたれともに大きく後傾した後席。ニールームは先代比で24mm拡大された。
座面、背もたれともに大きく後傾した後席。ニールームは先代比で24mm拡大された。 拡大
試乗車「XF 25tプレステージ」のシートは、「トーラスレザー」による本革仕立て。背もたれと座面にはパンチメッシュが施されている。
試乗車「XF 25tプレステージ」のシートは、「トーラスレザー」による本革仕立て。背もたれと座面にはパンチメッシュが施されている。 拡大
リアビュー。2本出しのエキゾーストパイプがスポーティーなムードを演出する。
リアビュー。2本出しのエキゾーストパイプがスポーティーなムードを演出する。 拡大

運転せずとも満足できる!?

スタイリッシュなデザインやアルミを多用した軽量ボディーで話題の、新型ジャガーXF。2015年秋に国内デビューして以来、ただ指をくわえて見ていた筆者にも、ようやく試乗する機会が訪れた。
期待に胸を弾ませて……のファーストタッチは、リアシート。編集部からの移動に際して、後ろに乗せてもらったのだ。

座席におさまってみて、その広さに驚いた。筆者は身長163cmと小柄だけれど、それにしたって広い。何せ、足が組めるのだから。ひざの前には、こぶしが縦に3個半。ちなみに前席のポジションは、身長170cm相当である。
新型XFはクーペライクなデザインで、顔が弟分の「XE」に似ているせいか、角度によっては実物よりも小さく、シャープにまとまっているように見える。でも、実際の全長たるや5m近い。2960mmのホイールベースはアメリカ生まれの大型EV「テスラ・モデルS」と同寸で、「レクサスLS」(2970mm)とほぼ同じだ。

ちなみに今春、XEの後席に座った際のメモ書きには「ひざ前、こぶしが縦に2個」とある。なるほど、その差はたしかに実感できる。
座面や背もたれは大きく後傾していて、パッセンジャーはシートにどっしりと体を預けていられる。「これなら、後席限定でも不満はないな」と室内を見回したところで、XFが走りだす。

……静かだ。アイドリングストップの再始動の瞬間が、かえって意識されるほどである。気になるショックや振動もなし。これなら、ショーファードリブンとしてもイケるのではなかろうか? 移動中も、ひざの上にノートを広げて筆記作業を続けられたのだから。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC HSE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2018.6.6 試乗記 “ベイビージャガー”を名乗る、ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」に試乗。ボディーの内外に同門のピュアスポーツカー「Fタイプ」の面影を強く感じさせるブランニューモデルは、どんなクルマに仕上がっているのだろうか。
ホームへ戻る