フォルクスワーゲンが純正ナビの機能を強化

2016.07.19 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン」
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン」

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年7月19日、純正インフォテインメントシステム「Discover Pro(ディスカバープロ)」の機能を強化。同時に「ポロ」「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ゴルフオールトラック」「ゴルフトゥーラン」「シャラン」「トゥアレグ」に一部改良もしくは仕様変更を実施し、販売を開始した。

「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」
「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」
「ゴルフトゥーランTSIコンフォートライン」
「ゴルフトゥーランTSIコンフォートライン」

■インフォテインメントシステムが「Android Auto」に対応

今回の改良では、Discover Proにコネクティビティー機能「App-Connect(アップコネクト)」を追加。グーグルが提供するスマートフォンとの連携機能「Android Auto」に対応させた。フォルクスワーゲンの純正インフォテインメントシステムで同機能に対応したものは、「Composition Media(コンポジションメディア)」に続きこれが2機種目。両機種ともに、Android Autoに加えて「MirrorLink(ミラーリンク)」やアップル社の提供する「Apple CarPlay」にも対応している。

また、ゴルフトゥーラン向けのDiscover Proについてはナビゲーションシステムの機能も強化。検索性能や案内精度を高めるテレマティクス機能「Guide & Inform(ガイド アンド インフォーム)」を日本向けに初採用した。Guide & InformはスマートフォンやWi-Fiルーターなどを介した専用サーバーとの通信機能であり、オンラインVICS交通情報を反映した高精度なルート案内や、グーグルのサーチエンジンを利用したオンライン検索が可能となる。さらに、通常の地図表示に加え、衛星写真の画像を表示する「Google Earth」や「Google Street View」にも対応。周辺の駐車場の空き状況や、ガソリンスタンドの場所、料金などの情報をタイムリーに入手することもできるという。

このほかにも、Discover Proは全対象モデル共通で、プローブ情報を含めたより詳細な交通情報や、気象や災害に伴う特別警報(地震を除く)の取得が可能な「VICSワイド」に対応している。

「ポロTSIハイライン」
「ポロTSIハイライン」

■多くのモデルで快適装備を充実化

Discover Proの改良を含む、各モデルの変更点は以下の通り。

【ポロ】
「TSIトレンドライン」を除く全グレードにおいて、Wi-Fi Miracast(Wi-Fiスマホリンク)再生、VICS ワイド、ワイドFM対応などの新機能を採用した純正ナビゲーションシステム“716SDCW”パッケージをオプション設定(19万9260円)。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」のボディーカラーに「ブルーシルクメタリック」を、「クロスポロ」のボディーカラーに「ピュアホワイト」を追加した。

「ゴルフオールトラックTSIハイライン アップグレードパッケージ」
「ゴルフオールトラックTSIハイライン アップグレードパッケージ」

【ゴルフ/ゴルフヴァリアント】
Discover Proの機能を強化。「ゴルフTSIトレンドライン」を除く全車に、アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルターを標準装備した。

【ゴルフオールトラック】
全グレードにおいてアレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルターを標準装備。また「TSI 4MOTIONアップグレードパッケージ」ではDiscover Proの機能を強化したほか、新オプションとしてステアリングヒーターやシートヒーター、ヒーテッドウオッシャーノズル<フロント>をセットにした「ウインターパッケージ」(4万3200円)を採用した。

【ゴルフトゥーラン】
「TSI Rライン」専用色だった「ハバネロオレンジメタリック」をエントリーグレード「TSIトレンドライン」を除く全グレードにオプション設定(3万2400円)。同じくTSIトレンドラインを除く全グレードでプリクラッシュブレーキシステム「Front Assist」に歩行者検知機能を追加したほか、オプションで用意されるDiscover Proの機能を強化している。Discover Proの価格は25万9200円。TSIコンフォートラインに設定されるものについては、テレマティクス機能のGuide & Informが搭載されている。このほか、TSIトレンドラインにレザーシフトノブを標準で採用した。また、今回の改良にともない、以下の通り価格も変更されている。

・TSIトレンドライン:284万7000円
・TSIコンフォートライン:319万9000円
・TSIハイライン:379万9000円
・TSI Rライン:397万4000円

「シャラインTSIハイライン」
「シャラインTSIハイライン」

【シャラン】
「TSIトレンドライン」を除く全グレードにおいて、Wi-Fi Miracast(Wi-Fiスマホリンク)再生、VICS ワイド、ワイドFM対応などの新機能を採用した純正ナビゲーションシステム“716SDCW”パッケージをオプション設定(17万4420円)。また、アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルターを標準装備した。価格も以下の通り変更されている。

・TSIコンフォートライン:397万9000円
・TSIハイライン:467万9000円

「トゥアレグV6アップグレードパッケージ」
「トゥアレグV6アップグレードパッケージ」

【トゥアレグ】
「V6アップグレードパッケージ」において、「リーフブルーメタリック」のボディーカラーと「ナチュラルブランレザー」のインテリアの組み合わせを廃止した。また、オプションの「コンフォートパッケージ」の価格を52万9200円としたほか、車両価格も以下の通り変更した。

・V6:643万円
・V6アップグレードパッケージ:693万円

(webCG)
 

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る