第459回:ただいまイタリアで増殖中!
日産のEVがイタリアのおばあちゃんを救う!?

2016.07.22 エッセイ

大手企業がこぞって導入

イタリアでは2015年以降、「日産NV200」の電気自動車版「e-NV200」を各地でたびたび見かけるようになってきた。

背景には、大手企業の導入がある。例えば2015年1月、日産イタリアは国際宅配サービス会社のDHLに50台のe-NV200を納車した。
2016年に入ると、フランス系大手スーパーのカルフールに、20台のe-NV200を宅配サービス用として納めた。2017年までには、同社に計40台を納入する計画だ。

カルフールへの納入に際し、日産イタリアのブルーノ・マッテウッチ社長は「これは、イタリアにおけるすべての道に電気自動車テクノロジーを普及させるための、さらなる前進を象徴するもの」とコメント。同時に「われわれは、イタリアでゼロエミッションの物流を支えるリーダーになれると確信している」と述べている。

ボクが住むシエナの街でも、少し前からDHLのe-NV200を見かけるようになってきた。
でも、ボクの住むシエナには、カルフールはないからな……などと思っていたら、最近、別のスーパーマーケットチェーンであるコナードのe-NV200が走り始めたのだ。

早速店に聞いてみると、カルフール同様「買い物をしたお客さんの品物を自宅まで配送するために使っている」という。これまでも存在した「タクシーメルチ」と呼ばれるドライバー付き予約制トラック業者の協力で運営しているらしい。

シエナの旧市街を走る、DHLの「日産e-NV200」。
シエナの旧市街を走る、DHLの「日産e-NV200」。
同じくシエナ旧市街にて。DHLの「e-NV200」。
同じくシエナ旧市街にて。DHLの「e-NV200」。
「e-NV200」の祖となる「e-NV200コンセプト」。2012年のデトロイトモーターショーでお披露目された。
「e-NV200」の祖となる「e-NV200コンセプト」。2012年のデトロイトモーターショーでお披露目された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。