マセラティの各モデルがAndroid Autoに対応

2016.07.19 自動車ニュース

マセラティ ジャパンは2016年7月13日、「Android Auto」に対応したインフォテインメントシステムを各モデルに採用すると発表した。

Android Autoとはグーグルが提供するスマートフォンと車載インターフェイスとの連携システムで、Googleマップや音楽再生、音声認識によるハンズフリー操作など、さまざまな機能を利用することができる。

このシステムに対応するのは、2016年6月以降に生産されるマセラティ車のうち、「クアトロポルテ」「ギブリ」「レヴァンテ」の3モデル。いずれもAndroid Autoだけでなく、アップルの提供する「Apple CarPlay」にも対応している。なお、当該車種のうち、「レヴァンテ」「レヴァンテS」は2016年9月の、「レヴァンテ ディーゼル」は2017年春の日本導入が予定されている。

(webCG)
 

「マセラティ・レヴァンテ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴァンテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「ポルシェ・パナメーラ」にショーファードリブン仕様が登場 2016.11.10 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2016年11月10日、新型「パナメーラ」のモデルラインナップに新型3リッターV6ターボエンジン搭載モデルと、ボディーを延長した「エグゼクティブ」モデルを追加設定し、同年12月9日に予約受注を開始すると発表した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る