マセラティの各モデルがAndroid Autoに対応

2016.07.19 自動車ニュース

マセラティ ジャパンは2016年7月13日、「Android Auto」に対応したインフォテインメントシステムを各モデルに採用すると発表した。

Android Autoとはグーグルが提供するスマートフォンと車載インターフェイスとの連携システムで、Googleマップや音楽再生、音声認識によるハンズフリー操作など、さまざまな機能を利用することができる。

このシステムに対応するのは、2016年6月以降に生産されるマセラティ車のうち、「クアトロポルテ」「ギブリ」「レヴァンテ」の3モデル。いずれもAndroid Autoだけでなく、アップルの提供する「Apple CarPlay」にも対応している。なお、当該車種のうち、「レヴァンテ」「レヴァンテS」は2016年9月の、「レヴァンテ ディーゼル」は2017年春の日本導入が予定されている。

(webCG)
 

「マセラティ・レヴァンテ」
「マセラティ・レヴァンテ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴァンテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(前編) 2016.12.29 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「マセラティ・レヴァンテ」。マセラティ初のSUVを谷口はどう評価するのだろうか?
  • ジュネーブショー2017の会場から(その19) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。アバルトとマセラティのブースを画像で紹介する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その17) 2017.3.10 画像・写真 アストンマーティンはジュネーブモーターショー2017で、スーパースポーツカー「ヴァルキリー」(旧車名「AM-RB 001」)を展示したほか、「ヴァンキッシュS ヴォランテ」を公開した。ロールス・ロイスのブースと併せて紹介する。
ホームへ戻る