80年前の国内レースを伝える企画展、川崎市で開催

2016.07.20 自動車ニュース
企画展「開設80周年記念 多摩川スピードウェイ ~日本初の常設モーターサーキット~」の会場風景。
企画展「開設80周年記念 多摩川スピードウェイ ~日本初の常設モーターサーキット~」の会場風景。

神奈川県川崎市中原区にある川崎市市民ミュージアムにおいて、2016年7月17~31日の会期で、企画展「開設80周年記念 多摩川スピードウェイ ~日本初の常設モーターサーキット~」が開催されている。

戦前の自動車レースの参加者が所属していた「日本自動車競争倶楽部」のエンブレム。多くのメンバーが車両に取り付けて出走していたという。
戦前の自動車レースの参加者が所属していた「日本自動車競争倶楽部」のエンブレム。多くのメンバーが車両に取り付けて出走していたという。
図案入りで追い越しの方法なども記された規則書。
図案入りで追い越しの方法なども記された規則書。
写真の中で筆者が気になった1枚。手前の看板には「日産自動車指定席」とあり、その下にはダットサンの旗とおぼしきものが。今日のSUPER GTで見られるNISMO応援団のルーツか?
写真の中で筆者が気になった1枚。手前の看板には「日産自動車指定席」とあり、その下にはダットサンの旗とおぼしきものが。今日のSUPER GTで見られるNISMO応援団のルーツか?
会場の一角に据えられたモニターには、当時の貴重な映像が流されている。
会場の一角に据えられたモニターには、当時の貴重な映像が流されている。
盛況だったギャラリートーク風景。
盛況だったギャラリートーク風景。

■国内レースの幕開けが見られる

今から80年をさかのぼる1936年に、丸子橋付近の多摩川河川敷に開場した、日本初、そしてアジア初となる常設サーキットである多摩川スピードウェイ。その跡地保存と日本のモータースポーツ黎明(れいめい)期の歴史的意義の研究・情報発信を目的とする任意団体である「多摩川スピードウェイの会」と、歴史遺産としての価値を認めた川崎市によって、2016年5月、今も河川敷に残るグランドスタンド跡に80周年記念プレートが設置された。(関連記事

記念プレート除幕式の様子は『webCG』でもリポートしたが、その際に発表された多摩川スピードウェイの会と川崎市のコラボレーション企画の第1弾として実施されたのが、今回の企画展である。

会場には多摩川スピードウェイ開設前を含む当時のレース事情を伝える写真、競技規則やレースのプログラムといった資料類など、合わせておよそ50点を展示。また、レースの様子をおさめた貴重な映像も公開されている。

会期の初日である7月17日には、多摩川スピードウェイの会副会長の小林大樹氏が、展示物を紹介しながら多摩川スピードウェイと当時のモータリング事情について語るギャラリートークも実施された。
会期は7月31日までで(25日は休館)、最終日の31日には再びギャラリートークが予定されている。入場は無料。

(文=沼田 亨)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。