MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)

MINIという名の新種 2016.07.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。

満を持してのディーゼル版

オリジナルMINIが人気を得た時、セルジオ・ピニンファリーナはスタイリングがあまりにも素っ気ないと感じたらしい。「少しはボディーをデザインすればよかったのに」と言われたアレック・イシゴニスは、「いや、MINIは私が死んでいなくなってもずっと流行しているよ」と答えたそうだ。機能美こそが正義であるという信念に裏打ちされた言明である。彼は正しかった。しかし、50年以上たってMINIがこれほどの百花繚乱(りょうらん)状態になるとは想像もしなかっただろう。

コンパクトハッチに加えオープンやクロスオーバーまで6つのモデルがあり、それぞれに数種類のパワーユニットが用意される。MINIだけで小宇宙が形作られているから、ユーザーは、ほかのモデルを顧みることなく好みの一台を選べるのだ。名称がサイズを制約する意味はすでに失われている。2014年のディーゼルモデル導入で、さらに選択肢が広がった。この4月からは、ディーゼルのMINIは6モデルが追加され、ラインナップは10種となった。

クラブマンは1969年のモデルにルーツを持つ名で、荷室を拡大して実用性を高めた車種である。新世代になってからは2007年に初代が登場し、昨年2代目となった。新たに与えられたのは、2リッター直4ディーゼルターボエンジン。チューンが2種類あり、「D」は150ps「SD」は190psの最高出力となっている。

今回の試乗車はハイパワーなSDで、価格は404万円。それだけでも結構な価格だが、乗ったのはいわゆる全部乗せで、オプションが150万円分加わっていた。プレミアム感満々の仕様である。ドアロックを解除した時にドアミラーからMINIロゴが投影されるというおもてなしは過剰かと思ったが、実は車格に見合った演出なのだ。

2015年11月に、ガソリンエンジン車のみ販売がスタートした新型「MINIクラブマン」。ディーゼル車は、およそ半年後の2016年4月、ラインナップに加えられた。
2015年11月に、ガソリンエンジン車のみ販売がスタートした新型「MINIクラブマン」。ディーゼル車は、およそ半年後の2016年4月、ラインナップに加えられた。
コックピットの様子。ステアリングホイールのスポーク部には、クルーズコントロールやカーオーディオの操作スイッチが並ぶ。
コックピットの様子。ステアリングホイールのスポーク部には、クルーズコントロールやカーオーディオの操作スイッチが並ぶ。
ドライバーの正面には、小さな独立型の計器盤が置かれる。中央の円形メーターは速度計で、左側がエンジン回転計、右側の目盛りは燃料計。
ドライバーの正面には、小さな独立型の計器盤が置かれる。中央の円形メーターは速度計で、左側がエンジン回転計、右側の目盛りは燃料計。

「MINIクラブマン」の全長は4270mmでホイールベースは2670mm。ともに、MINIのラインナップでは最長となっている。


	「MINIクラブマン」の全長は4270mmでホイールベースは2670mm。ともに、MINIのラインナップでは最長となっている。
関連記事
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る