「谷口信輝の新車試乗」――アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(前編)

2016.07.21 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(前編)

SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「アウディR8」。540psの5.2リッターV10自然吸気ユニットを搭載するアウディのスーパースポーツカーを、谷口はどう評価する?

 
「谷口信輝の新車試乗」――アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像

■ドライバーの意のままに

この企画が始まって以来、初めて箱根が晴れた! しかも今日はアウディR8の試乗が控えている。谷口信輝が新型「アウディA4」を大絶賛したのは記憶に新しいところ。同じく新着アウディの、しかもそのスーパースポーツモデルを谷口はどう評価するのか? 谷口の手でウオームアップを終えたR8の助手席に興味津々で乗り込んでみることにした。

「このチェッカードフラッグのマークがついたスイッチ、何ですか?」 乗り込んだ早々、運転席に腰掛ける谷口が尋ねてきた。ステアリングホイールの左側に見えるドライブセレクトの下側に取り付けられたこのボタンはパフォーマンスモードを選択するもので、ESPや電子制御油圧多板クラッチ式センターデフの動作モードを切り替えることができる。「ほー、そうですか。いや、さっきも試してみたんですが、これはサーキットで試したくなりますね」 そう答えた谷口はこのボタンを押し込むと、箱根のワインディングロードを再び疾走し始めたのである。

「いやね、このボタンを押すと、オーバーステアに転じるんですよ」 谷口がそういった直後、高速のライトハンダーで確かにR8はオーバーステアの姿勢をとった。しかも、そこは比較的勾配の強い登り坂。つまりリア荷重がしっかりかかっていて、本来であればそうになりにくいポイントである。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
R8アウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> まだ寝静まった早朝の都市を「アウディA5カブリオレ」で行く。ソフトトップを畳むと、頭上に冬の高く青い空が広がった。カブリオレでしか味わえない、心が解き放たれる瞬間だ。A5カブリオレで街を流せば、空がいつもと違って見えてくるだろう。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」が日本上陸
    2018.1.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年1月19日、新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」を発表し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年3月ごろを予定している。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る