第127回:ミレニアルズはフォード・フォーカスに乗らない
『ヤング・アダルト・ニューヨーク』

2016.07.21 エッセイ

脚本の評価が高い監督の新作

ホンと編集が映画の出来を決める。この2つの要素がダメだと、どんな名優を出そうが派手なCGを使おうが無駄なこと。鳴り物入りの大作が続々とコケているが、どれも脚本がひどすぎた。『ズートピア』が大ヒットしたのは当然のことだ。7人の脚本家チームが関わったそうで、実によく練られたストーリーだった。『教授のおかしな妄想殺人』や『エクス・マキナ』も脚本が秀逸である。平野勝之監督の『青春100キロ』はドキュメンタリーなので脚本はなく、編集の力で傑作に仕上がった。この作品については内容に触れるのがはばかられるので、ぜひ検索してほしい。

『ヤング・アダルト・ニューヨーク』に関しては、観る前からまったく心配の必要がなかった。監督・脚本はノア・バームバック。『ライフ・アクアティック』でウェス・アンダーソン監督と一緒に脚本を書いて注目された人物である。監督も務めた『イカとクジラ』ではアカデミー脚本賞にノミネートされた。『グリーンバーグ』『フランシス・ハ』も、地味な作品ながら脚本が高く評価されている。

主人公のジョシュはドキュメンタリー映画の監督。ただ、このところ8年間は新作を発表していない。アートスクールの講師がすっかり本業になってしまっている。演じているベン・スティラーは、2010年の『グリーンバーグ』でも主演していた。彼のキャラクターには、どうやらバームバック監督自身の経験が反映されているらしい。

(c) 2014 InterActiveCorp Films, LLC. 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。