フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)

至高のグランツーリズモ 2016.07.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。

顧客の若返りを狙う

その名前を初めて聞いたとたん、「なんと贅沢な!」と思ってしまった。歴史的なフェラーリをよく知る人なら、同じ気持ちになったはず。4を挟んで前後の「GTC」と「ルッソ」は、ともに歴史的な跳ね馬に付けられた、言ってみればとっておきの名前だったからだ。

前者は、「グランツーリズモ・クーペ」を、後者はイタリア語でラグジュアリーを、それぞれ意味している。名は体を表す、というが、このクルマはまさにそう。全長5m弱、ホイールベース3m、という堂々とした体躯のフル4シーター4WDクーペで、真ん中の数字の意味もおのずと分かっていただけよう。

新型、とはいうものの、流れ的には、前作「FF」(「フェラーリ・フォー」、2011年デビュー)のビッグマイナーチェンジというべきモデルだ。けれども、その内容を知れば知るほど、ほとんどフルモデルチェンジ級に思えてくる。

まずは、エクステリアからチェックしてみよう。FFのシューティングブレークスタイルを継承するものの、見栄えにはよりアグレッシブ、かつ、よりスポーティーな演出が加えられた。フェラーリによると、FFのオーナーの平均年齢層はそれ以前の4シーターモデル、「456GT」や「612スカリエッティ」に比べて10歳ほど若返ったのだという。ユニークなスタイルが、これまでとは違う層にアピールしたというわけだ。それに味をしめたのか、どうか。さらに若い人たちを取り込むべく、いっそうのパフォーマンスアピールを試みた。

「FF」改め「GTC4ルッソ」へ。GTCは「330GTC」(1966年)に、ルッソは「250GTベルリネッタ ルッソ」(1962年)に由来する。
全長は4922mm、ホイールベースは2990mmという堂々たるサイズを誇る。
テールランプは丸型2灯から4灯へ。ワイド&ローなフォルムが強調されている。
フロントフェンダーには、新たに「330GTC」を想起させる3枚ルーバーのエアベントが設けられた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GTC4ルッソの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
ホームへ戻る