ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)

生粋のスーパーカー 2016.07.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニのなかでも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。

4WD車メーカーがつくる2WD

現在のランボルギーニは基本的に4WD車メーカーといっていい。
先代の「ムルシエラゴ」以来、同社の12気筒旗艦モデルには4WDしか存在しない。それより小さいベイビーランボにしても4WDが先行発売される。で、そのベイビーランボでのみ需要が一巡した時期に2WDを追加……というのが、最近のランボに共通するタイムテーブルである。

いっぽうで、ランボは歴史的にフェラーリよりワイルドなイメージで売ってきた。往時を知る中年以上のエンスージアストのなかには、ランボは2WDのほうが似合う……と、いまだに信じる向きも少なくないだろう。

ただ、ランボは数あるスーパーカーのなかでも、早期に4WDに着目したメーカーのひとつでもある。1993年に当時の「ディアブロ」に「VT」を追加して以降、ランボにはずっと4WDモデルが存在する。そもそもが600psだの700psだのという途方もないパワーをうたう超高性能車なのだから、「4WDのほうが安全・安心に速い」というのはまったく自明の正論である。

それに加えて、現在のランボはアウディのコントロール下にある。おそらく世界一であろう4WD技術をほぼ自由に使える立場にあるわけだから、ランボが4WDに注力するのは、しごく当然のなりゆきといっていい。

今回のウラカンLP580-2も、前記のタイムテーブルに沿って登場した2WDのベイビーランボである。ただ、先代「ガヤルド」の経験もあってか、今回はガヤルドのときよりずいぶんと早い段階での登場となった。ウラカンそのものの発売から約2年という今回の時系列を考えると、ウラカンでは初期企画の段階から、2WD化も前提に設計開発されたであろうことは想像にかたくない。

「ウラカン」のラインナップに名脇役の2WDモデル「LP580-2」が登場したのは2015年11月のこと。新価格(2016年7月変更)は2535万840円。
「ウラカン」のラインナップに名脇役の2WDモデル「LP580-2」が登場したのは2015年11月のこと。新価格(2016年7月変更)は2535万840円。
試乗車の内装色はブラック。随所にグリーンのステッチが入る。
試乗車の内装色はブラック。随所にグリーンのステッチが入る。
580psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット。10気筒中、5気筒を一時的に休止させて燃費を改善させる機構を搭載している。
580psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット。10気筒中、5気筒を一時的に休止させて燃費を改善させる機構を搭載している。
4WDの「LP610-4」とはフロントとリアのデザインが異なっており、リアまわりではバンパーの形状が変更されている。
4WDの「LP610-4」とはフロントとリアのデザインが異なっており、リアまわりではバンパーの形状が変更されている。
関連記事
  • 第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
    “最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る
    2017.5.11 エディターから一言 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)で、量産車の最速ラップタイムを保持している「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか? ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】NEW 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
ホームへ戻る